ニュース
» 2019年08月07日 10時15分 公開

「Windows Server 2003のような混乱はない」:WindowsとLinuxの高成長続く IDCがサーバOSの市場予測を発表

IDC Japanが発表した、サーバ向けOSの国内市場予測によると、2019年の成長率は6.2%。Windowsは「Windows Server 2008」のサポート終了に伴う特需で、2019年は対前年比8.8ポイント増の見込み。Linuxは引き続き2桁成長が続く。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年8月5日、サーバ向けOSの国内市場について、2018年の実績と2019年から2023年の予測を発表した。それによると、2018年の市場規模は、対前年比7.5ポイント増の841億4800万円。2019年の成長率は6.2%の見込みだが、2020年以降は成長が鈍化し、同社は2018年〜2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を3.8%と予測する。

画像 2017年〜2022年の国内サーバオペレーティングシステム市場予測(出典:IDC

 市場構成比が最も高いのはWindowsで、50%以上を占める。2018年の同市場は、前年に比べて9.5ポイント成長した。この要因は「Windows Server 2008/2008 R2」のサポート終了が2020年1月に予定されており、「Windows Server 2016」への移行案件が増加したこと。

8割近くの企業が新しいOSへの移行作業中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。