ニュース
» 2019年08月07日 15時00分 公開

イベントドリブンや断続的なワークロードに最適:Oracle サーバレスのFaaS基盤「Oracle Functions」の一般提供を開始

Oracleは、「Oracle Cloud Infrastructure」のFaaS(Functions as a Service)基盤「Oracle Functions」の一般提供を開始したと発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Oracleは2019年8月1日(米国時間)、「Oracle Cloud Infrastructure」のFaaS(Functions as a Service)基盤である「Oracle Functions」の一般提供を開始したと発表した。Oracle Functionsは「Oracle Cloud」の全リージョンで利用可能だ。

 Oracle Functionsを使えば、開発者はインフラ管理ではなくコード作成に集中し、クラウドネイティブアプリケーションを容易に構築できると、Oracleは述べている。簡単に関数を作成、デプロイし、呼び出せるだけでなく、サーバレスのためサーバのプロビジョニング、モニタリング、アップグレードは不要だという。

 こうしたOracle Functionsは、イベントドリブンや断続的なワークロード、突発的に利用が急増するようなシステムでの利用に最適だとOracleは説明する。さらに従量制の料金体系であるため、アイドル状態のときは料金がかからない。自動スケーリングも可能なため、関数の使用が急増したら、自動的にスケールアップし、使用が減少したら、自動的にスケールダウンする。これによりコストを抑制でき、ピーク需要の予測や、リソース割り当ての管理は必要なくなる。

画像 Oracle Cloud Infrastructure Eventsサービス概要図(出典:Oracle

オープン性

 Oracle Functionsは、Apache License 2.0で公開されている「Fn Project」をベースにしている。Fn Projectは、ノートPCからクラウドのコンピュート基盤に至るまでどこでも利用できる。オープンソースプロジェクトに基づいており、企業の担当者が社内で独自の関数サービスを運用したり、Oracle Functionsを利用してインフラ管理コストを低減したりできる。

 「コードをOracle Functionsにデプロイすれば、関数は24時間365日全世界の保守された環境で動作し続けるので、利用者は安心できる。デプロイされた関数は、新世代のプロセッサや新しいネットワーク技術がリリースされれば、それらを自動的に利用できる」と、OracleはOracle Functionsのメリットを説明している。

Oracle Cloud Infrastructureとの統合

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。