ニュース
» 2019年08月08日 11時00分 公開

「デジタルビジネス全体を計測可能なモデルへ」:コマツが「スマートコンストラクション」でNew Relicを採用、サービスを監視

New Relicは2019年8月8日、コマツが可観測性プラットフォームの「New Relic」を採用したと発表した。2019年夏に、「スマートコンストラクション」事業のリアルタイム監視を開始する。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

スマートコンストラクションアプリの概要(コマツのWebページより)

 New Relicは2019年8月8日、コマツが可観測性プラットフォームの「New Relic」を採用したと発表した。2019年夏に、「スマートコンストラクション」事業におけるユーザーアプリケーションのリアルタイム監視を開始する。当初は国内ユーザーに限定して適用。将来は世界中での展開を検討しているという。

 スマートコンストラクションとは、建設機械メーカーであるコマツにおけるデジタルトランスフォーメーションへの取り組みの一つで、河川、造成、道路などの工事現場における省力化や工期短縮を図るソリューション。事前にドローンなどによって実施した測量データと設計データの差分から、施工手順とスケジュールを提示。これに基づく「ICT建機」の自動制御で、オペレーターの熟練度に左右されない施工を実施するという。

 現場や現場事務所では、「スマートコンストラクションアプリ」を通じ、設計データと建機が収集する現況データの差分から自動算出される進捗を、日々管理できる。また、出来形の検査も自動化されており、合否判定結果をその場で見ることができるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。