ニュース
» 2019年08月08日 12時30分 公開

コード変換サービス、ハンズオンなどを提供:Microsoft Azureのクラウドアナリティクス支援プログラムを発表 MicrosoftとInformatica

MicrosoftとInformaticaは、企業が「Microsoft Azure」を使ったクラウドアナリティクスの取り組みを容易に開始できるようにする共同プログラムを発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 MicrosoftとInformaticaは2019年8月6日(米国時間)、企業が「Microsoft Azure」(以下、Azure)を使ったクラウドアナリティクスの取り組みを容易に開始できるようにするプログラムを共同で発表した。両社は、「業界で最も包括的かつ魅力的なプログラムだ」としている。

 MicrosoftとInformaticaは、Azureを使ったこのプログラムを利用することで、企業はデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速できると述べている。両社の共同プログラムを利用して分析システムのモダナイゼーション(近代化)を実施してAI(人工知能)や機械学習といった新技術のビジネスへの統合を進められるという。さらに両社は、分析ワークロードをクラウドに移行しなければ、保有データを最大限に活用するのは困難になると注意を促している。

画像 MicrosoftとInformaticaが提供するクラウドアナリティクス関連サービス(出典:Microsoft

共同プログラムを提供することでクラウド移行を後押し

 共同プログラムを打ち出した理由についてMicrosoftとInformaticaは「これまで分析システムが最適なパフォーマンスを発揮するように、企業の貴重な時間、スキル、人員を投入してきた。これらのシステムには、機密性の高い、価値あるデータが含まれているためだ。それだけに企業がこうしたシステムのクラウドへの移行をリスキーで厄介と考えるのは無理もない」と述べ、こうした企業を新プログラムでサポートしたいと説明している。

 Azureを使ったクラウドアナリティクスの価値証明を支援するMicrosoftとInformaticaの共同プログラムには、以下の3つの特徴がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。