連載
» 2019年08月20日 05時00分 公開

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(55):WSUSによるWindows 10の機能更新プログラムの配布−バージョン1903版−

Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903、通称:19H1)をすぐにでもテストし、導入することで、企業におけるWindows 10の今後の展開はより柔軟になるかもしれません。「Windows Server Update Services(WSUS)」によるWindows 10 バージョン1903の展開をおさらいしてみましょう。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

秋のリリースで回す予定の企業も、1つ前の春のリリースから着手できるように?

 Microsoftの以下の発表によると、Windows 10の2019年秋の「機能更新プログラム」(通称:19H2)は、2019年春のバージョン1903(通称:19H1)に対する小規模なアップデートになる模様です。以下の発表は19H2についての説明であり、2020年以降の話ではありません。

 Windows 10は「半期チャネル(Semi-Annual Channel)」に基づいて、春と秋の年に2回、新バージョン(機能更新)がリリースされます。これまでは毎回「大型アップデート」とも呼ばれる、事実上のアップグレード(OSの入れ替えと設定やアプリ、データの移行)でした。

 詳細についてはまだ不明な点はありますが、19H2はバージョン1903(19H1)に対する小規模なアップデートとなり、毎月の累積更新プログラムと同じ技術とエクスペリエンスで、短時間で完了するそうです。一方、バージョン1809以前のPCに対しては、従来と同じ機能更新プログラム、つまり大型アップデートとして提供されます。

 このスタイルが2020年以降も踏襲されるとしたら、サポート期間が30カ月のEnterpriseエディションを使用していて、秋のリリース(例えば、2年後の秋のリリース)をターゲットに少ない頻度でアップグレードしようと考えている企業は、秋のリリースを待たずに、1つ前の春のリリースからテストと導入を始められるでしょう。春のリリースでテストを進めても、そのまま秋のリリースにスムーズに移行できることが期待できるからです。

WSUSによるWindows 10 バージョン1903の配布

 本連載第32回、第33回では、Windows 10 バージョン1607のEnterprise/Education向けに延長提供されていたサポートが2019年4月に終了する前に、バージョン1607に対して「Windows Server Update Services(WSUS)」を使用してバージョン1803の機能更新プログラムを配布する手順を紹介しました。

 企業のクライアントとして19H2を次に予定していた場合でも、19H2がバージョン1903(19H1)に対する小規模なアップデートであるなら、19H2のリリースを待たずに、既に利用可能なバージョン1903(19H1)を使用してテストと導入を開始することができます。バージョン1903(19H1)で運用環境への展開を始めたとしても、品質更新プログラムの間隔で19H2に移行できるからです。そこで今回は、第32回、第33回でバージョン1803にアップグレードしたWindows 10に、WSUSでバージョン1903(19H1)を配布し、アップグレードしてみます。

 その前に1つ注意点があります。Windows 10 バージョン1809(ただし、ビルド17763.529以降)およびバージョン1903からは、Windows Updateから「自動更新」または「手動更新」(「更新プログラムのチェック」ボタンのクリック)で機能更新プログラムを受け取る場合、機能更新プログラムの存在を通知し、「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションが提供されるようになりました。

 これにより、意図しないタイミングで機能更新プログラムのダウンロードとインストールが始まることはなくなりました。ただし、機能更新プログラムの延期設定をしている場合は、その設定に従います。また、現在のシステム構成(ハードウェアなど)に何らかの既知の問題がある場合は、その旨を通知して機能更新プログラムの提供をストップしてくれます(画面1)。

画面1 画面1 Windows Updateを利用している場合、機械学習に基づいた機能更新プログラムのロールアウトと「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションにより、勝手にアップグレードが始まることはなくなった。ただし、WSUSクライアントに対してこれらの機能は働かない

 WSUSを利用している場合、WSUSクライアントにはこれらの機能は提供されず、「管理者の承認」に基づいてダウンロードとインストールが始まります。そのため、事前にバージョン1903をテストした上で、運用環境に機能更新プログラムを展開することが重要です。もちろん、テスト目的で限定した範囲への展開のために、WSUSを利用することができます。WSUSによる展開を行う前に、OSディスク(C:ドライブ)に3GB以上の空き領域があるのを確認することも忘れないでください(その方法としては自作スクリプトからインベントリ収集ツールなどさまざまあるので今回は説明しません)。

機能更新プログラムの同期と承認

 Windows 10 バージョン1903(19H1)は、一般向けリリースと同時にWSUSに対しても提供されました。Windows 10 バージョン1903用の新しい「製品」が追加されているので、WSUSの「製品と分類」オプションを開いて、バージョン1903関連の新しい「製品」を追加し、Microsoft Updateと再同期します(画面2)。

画面2 画面2 Windows 10 バージョン1903に対応した新しい「製品」をWSUSに追加選択してから、Microsoft Updateと再同期する

機能更新プログラムを承認する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。