ニュース
» 2019年08月23日 08時00分 公開

正式版は予定通り年内リリース:Microsoft、「PowerShell 7 Preview 3」を公開

Microsoftは、多数の新機能を追加した「PowerShell 7 Preview 3」を公開した。PowerShell 7の位置付けは、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョンである。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年8月20日(米国時間)、「PowerShell 7 Preview 3」を公開した。PowerShell 7は、「Windows PowerShell」のオープンソースエディション「PowerShell Core」の次期バージョン。PowerShell CoreはWindows、Linux、macOSで動作し、コマンドラインシェルやスクリプト言語、コマンド処理フレームワークを含む。

 Microsoftは2019年5月にPowerShell 7のロードマップを発表済みだ。PowerShell 7の開発は順調に進んでおり、ロードマップ通り、2019年末までに一般提供を開始する見込みだ。

 PowerShell 7は、PowerShellの初の「Long Term Servicing」(LTS)リリースでもある。つまり、PowerShell 7は、「.NET Core 3.1」がサポートされている間サポートされる。なお、現行の「PowerShell Core 6」は、モダンライフサイクルサポートが適用されている。

 PowerShell 7 Preview 3の新機能の概要は次の通り。Preview 3を含むプレビュービルドでは、ユーザーのフィードバックを得やすくするため、実験的機能が全て、デフォルトで有効になっている。

シングルアパートメントスレッドがデフォルトに

 PowerShell 7の起動コマンド「pwsh」はPreview 2までは、デフォルトでマルチスレッドアパートメントとして動作していた。だが、WinForms(Windows Forms)やWPF(Windows Presentation Foundation)などのGUI APIは、シングルスレッドアパートメントを必要とする。Preview 3では、pwshはアパートメントステートの扱いに関しては、Windows PowerShellの「powershell.exe」と同等になり、PowerShellスクリプトからのWinFormsやWPFのAPI呼び出しをサポートする。

クリックで拡大(出典:Microsoft

COMメソッドの引数名を表示する

 Windowsでは、PowerShellからCOM APIを呼び出すと、COMメソッドの型情報だけでなく、引数名も表示されるようになった。

クリックで拡大(出典:Microsoft

DBNullとNullStringは$nullと同等に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。