ニュース
» 2019年08月23日 19時00分 公開

Intel、Microsoft、Red Hatなどが参加:メモリ内で処理中の機密データを暗号化できているか? Linux Foundationがコンソーシアムを創設

Linux Foundationは、「コンフィデンシャルコンピューティング」の定義と導入促進に取り組む「Confidential Computing Consortium」を創設する。機密データの保護には3段階あり、今回は中でも最も困難なメモリ内で処理中のデータ保護に取り組む。Alibaba、Arm、Baidu、Google、IBM、Intel、Microsoft、Red Hat、Swisscom、Tencentなどがコンソーシアムへの参加を表明した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Linux Foundationは2019年8月21日(米国時間)、「コンフィデンシャルコンピューティング」の定義と導入促進に取り組むプロジェクトコミュニティーとして「Confidential Computing Consortium」を創設すると発表した。

 Alibaba、Arm、Baidu、Google、IBM、Intel、Microsoft、Red Hat、Swisscom、Tencentなどの企業が今回の取り組みへの参加を表明している。

 今回、コンソーシアムを創設する背景について、Linux Foundationは次のように説明している。

 「オンプレミスやパブリッククラウド、エッジといったさまざまな環境にわたって企業がワークロードを移動するようになった。機密を保たなければならない知的財産やワークロードデータを保護する対策に加え、そうした対策の信頼性、透明性の向上が必要となっている」

使用中のデータを暗号化できているか?

 このような背景の中、Linux Foundationは現在のデータ保護の取り組みが不十分であると指摘している。

 「クラウドコンピューティングにおける現在のアプローチでは、ストレージに『保存中』のデータやネットワークで『転送中』のデータについては保護対策が実現できている。だが、メモリ内で『処理中』のデータの暗号化はそうではない。この部分は機密データの完全な暗号化ライフサイクルにおける3つ目の、おそらく最も困難なステップだ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。