連載
» 2019年08月27日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(89):Azure Cloud ShellをローカルのVisual Studio Code/Windows Terminalに統合する方法

「Azure Cloud Shell」のシェル環境が、ローカルツールから直接利用できるようになりました。ローカルツールとは開発者向けの「Visual Studio Code」とWindows 10 バージョン1903以降向けの端末アプリ「Windows Terminal(Preview)」です。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

クラウド提供のシェルをローカルのツールに統合

 「Azure Cloud Shell」は、Microsoft Azureのクラウドから提供されるLinuxコンテナベースのBashシェル環境であり、Azure CLI(az)およびPowerShell Core(pwsh)ベースのAzure PowerShell環境を提供します。

 Azure Cloud Shellはもともと、LinuxコンテナのBashとWindows Server 2016コンテナのWindows PowerShell 5.1ベースのものでスタートしましたが、クロスプラットフォームの.NET CoreやPowerShell Coreの開発が進み、2018年7月にLinuxコンテナベースに一本化されました。

 現在のAzure Cloud ShellのBashとPowerShellはベースが同じであり、Bashで「pwsh」と入力する、またはPowerShellで「bash」と入力すると、環境を相互に切り替えることができるようになっています。

 Azure CLIやAzure PowerShellの環境は、Windowsだけでなく、LinuxやmacOSのローカル環境にインストールして利用できます。Azure Cloud Shellのメリットは、ローカルにこれらのツールをインストールして、更新を管理する必要がなく、Azureポータル(https://portal.azure.com)やAzure Cloud Shellサイト(https://shell.azure.com/)、Webブラウザだけで常に最新の安定バージョンを開始して、すぐにAzure上の自分のテナント管理に利用できることにあります(画面1画面2)。

画面1 画面1 Azureポータル(https://portal.azure.com)では、「Cloud Shell」アイコンをクリックするだけで、素早くBashまたはPowerShellのシェル環境を開始して、Azureを管理できる
画面2 画面2 Azure Cloud Shellサイト(https://shell.azure.com/)は、Azure Cloud Shell専用のポータル

 そして、Azure Cloud Shellをローカルの開発ツールや端末アプリに統合する方法がMicrosoftの公式ブログで紹介されました。

 一つは、オープンソースでマルチプラットフォーム対応の高機能なコードエディタである「Visual Studio Code」への統合です。Visual Studio Codeに「Node.js 6」以降および「Visual Studio Code Azure Account Extension」を追加することで、Azure Cloud ShellのBashまたはPowerShellにツール内から直接接続できるようになります(画面3)。

画面3 画面3 Visual Studio CodeからAzure Cloud ShellのBashまたはPowerShellに直接接続できる

 もう一つの方法は、Windows 10 バージョン1903以降向けに提供されている、マルチタブ対応を含む高機能な端末アプリ「Windows Terminal(Preview)」への統合です。Windows Terminal(Preview)は、Windows 10標準のWindows PowerShell(powershell.exe)、コマンドプロンプト(cmd.exe)、Windows Subsystem for Linux(WSL)対応のインストール済みLinuxシェルを1つのアプリに統合し、シェル環境(透過設定、色、背景、アイコンなど)のカスタマイズ機能を提供します。

Azure Cloud ShellをWindows Terminalに統合するには?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。