ニュース
» 2019年08月27日 08時00分 公開

日本の職場でのAI採用率は6カ国中最低:「ニーズはあるのにAI採用が日本で進まない理由」 ジェネシスが調査結果を発表

ジェネシスは、職場でのAIに関する調査結果を発表した。日本のAI採用率は調査対象国の中で最低。だが、日本の労働者は他国よりもAIが労働時間の節約や効率化に寄与すると考える割合が高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ジェネシスは2019年8月26日、職場でのAI(人工知能)に関する調査結果を発表した。対象は、日本、米国、英国、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドの企業に勤める4207人の従業員。それによると、日本のAI採用率は調査対象国の中で最低だった。日本の労働者は他国よりもAIが労働時間の節約や効率化に寄与すると考える割合が高い半面、AIを脅威と感じる人が多い傾向にあった。

脅威を感じているが、10年は大丈夫と考える

 まず、職場での技術的な脅威について尋ねたところ、脅かされていると回答した割合は、日本が最も高く約50%だった。そのうち、「常に脅かされる」は12%、「時々脅かされる」は38%だった。対象を日本の18〜38歳に絞ると、それぞれ18%と42%で、若年層ほど脅かされていると感じていることが分かった。

 ただし、10年後にAIやbotに取り換えられる恐れがあると回答した割合は19%にすぎず、ジェネシスは、ここ数年速やかに変化してきた仕事環境、企業カルチャー、急速なソリューションの導入といった要因が短期的な脅威に影響していると分析している。

画像

メリットを感じているが、AIの採用が進まない理由

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。