ニュース
» 2019年08月28日 08時00分 公開

複数クラスタのライフサイクル集中管理も:VMwareが「Tanzu」を発表、Kubernetes関連製品をモジュール型で提供

VMwareは2019年8月26日(米国時間)、年次イベント「VMworld 2019」で、エンタープライズKubernetesベンダーとしての戦略を披露した。同社は「VMware Tanzu」というブランド名で関連製品群を包括的に展開していく。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 VMwareは2019年8月26日(米国時間)、年次イベント「VMworld 2019」で、エンタープライズKubernetesベンダーとしての戦略を披露した。同社は「VMware Tanzu」というブランド名で関連製品群を包括的に展開していく。

 単一の総称を関する製品群を展開するからといって、一枚岩な製品パッケージを推進するつもりはないと、VMwareは強調する。例えば後述するVMware vSphereの「Kubernetes拡張」である「Project Pacific」は、Red Hat OpenShiftと組み合わせて使われることが考えられるし、運用管理サービス群の「VMware Tanzu Mission Control」では、多様なディストリビューション/クラウドサービスで動くKubernetesクラスタを、統合管理できるメリットも訴求していくという。

 Kubernetesの3人の創始者の一人であり、VMwareのクラウドネイティブアプリケーション事業部門で主席エンジニアを務めるジョー・ベダ氏は、「Kubernetesを始めたとき、私たちは開発者と運用担当者の丁度いい関係を作りたいと考えていた」と述べ、VMwareのKubernetes戦略およびVMware Tanzuの目的は、その延長線上にあるとした。一般企業における開発者と運用担当者がお互いの力を生かすための基盤やツールを提供していきたいのだという。

 ちなみに「Tanzu」という名称は、スワヒリ語で「枝」を意味する言葉、そして日本語の「(多数の引き出しを持った)タンス」から発想したという。モダンアプリケーションの構築、稼働、管理を支援するソリューションが、次々に追加されていく様をイメージしたとしている。

Tanzuは構築、稼働、管理に関する機能をモジュール的に提供

 Tanzuでは、「Build(モダンアプリケーションの構築)」「Run(稼働)」「Manage(管理)」という3つの分野で、製品やサービスを展開していく。

Tanzuはモダンアプリケーションの構築、稼働、管理に焦点を当てている

 「Build」では、VMwareが買収に向けた合意を発表したばかりのPivotal Software、および主にコンテナベースのアプリケーションを対象としたパッケージング/デプロイツールを提供するBitnamiが位置付けられる。Pivotalは開発者を直接支援するツールや活動を展開しており、狭義のKubernetesエコシステムを超えた取り組みを継続し、拡大していくことになる。

 「Run」では、当面「Pivotal/VMware PKS」の製品群を提供する。加えて、別記事で紹介した「Project Pacific」を提供する。これはVMware vSphereに、Kubernetes関連機能を「組み込む」取り組み。vSphereの将来バージョンにおける対応が予定されている。同プロジェクトの狙いは明確だ。vSphereを担当してきた膨大な数のITインフラ運用エキスパートが、KubernetesベースのITインフラ/開発環境を縁の下で支える役割を、即座に担えるようにすることにある。

Tanzu Mission Controlが当初提供する機能とは

 「Manage」では、Kubernetesの運用管理SaaSといえる「VMware Tanzu Mission Control」のテクノロジープレビュー提供開始を発表した。同製品は、上述の通りVMware/PivotalのKubernetesプラットフォームに限定されるものでなく、マルチクラスタ、マルチディストリビューション、マルチクラウドを前提とした運用管理を指向するサービスである点が注目される。

Tanzu Mission Controlは、図のような機能を提供していく

 提供開始時点での具体的な機能を、VMwareは次のように説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。