ニュース
» 2019年08月29日 15時00分 公開

設定、キーバインド、コピー機能などがアップデート:Microsoft、「Windows Terminal Preview v0.4」を公開

Microsoftは、オープンソースのターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.4」を公開した。設定やキーバインド、コピー機能などがアップデートされている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年8月27日(米国時間)、オープンソースのターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.4」をMicrosoft Storeで公開し、ソースコードをGitHubで公開した。

 Windows Terminal Preview v0.4では、設定やキーバインド、コピー機能などをアップデートした。主な変更点は次の通り。

Windows Terminal Preview v0.4の画面(出典:Microsoft

profiles.jsonをLocalStateフォルダに移動(設定のアップデート)

 新バージョンでは、profiles.jsonファイルをRoamingStateフォルダからLocalStateフォルダに移動した。設定がデバイス間で自動的にコピーされないようにする措置だ。

 設定が自動的にコピーされると、例えば、あるマシンで参照しているフォントが別のマシンに存在しない場合、不明なフォントの参照によってWindows Terminalがクラッシュしてしまうからだ。

タブタイトルのカスタマイズを変更(設定のアップデート)

 1つ前の版(Preview v0.3)では、タブタイトルをカスタム文字列で上書きできる「tabTitle」設定を導入している。v0.4ではデフォルトで、実行ファイルのパスではなく、プロファイル名がタブタイトルとして設定されるようになった。デフォルトタイトルを変えたい場合、「tabTitle」を設定すると、タブのプロファイル名を置換できる。

 なお、今回の機能は表示されるタイトルを上書きするのではなく、シェルタイトルを設定するものだ。シェルタイトルとは、プロファイルのインスタンス内で使用されているコマンドラインアプリケーションによって提供されたタイトルだ。

警告メッセージの表示(設定のアップデート)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。