ニュース
» 2019年08月30日 08時00分 公開

ICP/PSB Beianライセンスが不要:仮想専用線で日中間のネットワークを高速接続できるサービスを提供 CDNetworks

CDNetworksは、日本と中国を結ぶ仮想専用線サービス「ハイスピード・データ・トランスミッション VPL」の提供を始めた。ICP/PSB Beianライセンスは不要で、誰でも利用できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 シーディーネットワークス・ジャパン(CDNetworks)は2019年8月29日、日本と中国を結ぶ仮想専用線サービス「ハイスピード・データ・トランスミッション VPL(Virtual Private Line)」の提供を開始すると発表した。中国政府の工業情報化部が発行するICP(Internet Contents Provider)ライセンスや、中国政府の中国公安局が発行するPSB Beianライセンスは不要で、誰でも利用できる。

画像 仮想専用線を介して日中間の拠点をつなぐ(出典:CDNetworks)

中国内のサーバを介さずにアクセスする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。