ニュース
» 2019年08月30日 16時00分 公開

開発者エクスペリエンスを向上:Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.6」を公開

Microsoftはオープンソースプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.6」を公開した。識別子内のUnicode文字サポートの改善や、SystemJSにおけるimport.metaサポートなどが特徴だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年8月28日(米国時間)、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.6」を公開した。

 TypeScriptは、静的型付けができる言語で、JavaScriptのスーパーセット。EC規格に従った最新のJavaScriptの機能を、古いWebブラウザやランタイムが扱えるようにコンパイルすることもできる。

 TypeScript 3.6は、NuGetを使うか、次のコマンドラインのように、npmを使ってインストールできる。

npm install -g typescript

 TypeScript 3.6は「Visual Studio 2019」「Visual Studio 2017」の他、「Visual Studio Code」と「Sublime Text」でも利用できる。言語とコンパイラに関するTypeScript 3.6の主な特徴は次の通り。

識別子内のUnicode文字サポートの改善

 TypeScript 3.6では、ECMAScript 2015以降をターゲットにしている場合の識別子の出力(emit)時におけるUnicode文字サポートを改善した。

 従来は次のようなコードを記述できなかったが、新版では「'--target es2015'」を指定することで可能になった。

SystemJSにおけるimport.metaサポート

 TypeScript 3.6は、moduleターゲットがsystemに設定されている場合、import.metaからcontext.metaへの変換をサポートする。

// This module:
console.log(import.meta.url)
// gets turned into the following:
System.register([], function (exports, context) {
  return {
    setters: [],
    execute: function () {
      console.log(context.meta.url);
    }
  };
});

アンビエントコンテキストでgetアクセサとsetアクセサが使用可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。