ニュース
» 2019年09月03日 08時00分 公開

2020年入社予定の学生を対象に調査:習得したプログラミング言語はJava、C/C++、Python レバテック調査

レバテックの2020年入社予定の新卒エンジニアを対象にした調査によると、大学生以降にプログラミングを始めたという学生の割合が92.2%。在学中に習得したプログラミング言語のトップ3は、Java、C/C++、Pythonだった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2019年8月29日、2020年入社予定の新卒エンジニア100人を対象に実施したプログラミング言語のトレンド調査の結果を発表した。それによると、在学中に習得したプログラミング言語のトップ3は、Java、C/C++、Pythonだった。複数の言語を習得した学生は61.0%に上った。

画像 在学中に勉強した言語はJavaがトップ(出典:レバテック

 今回の調査では、大学生以降にプログラミングを始めたという学生の割合が92.2%であることが分かった。レバテックによると、日本のIT人材不足が話題になり、エンジニアという職業が注目される中、学生の間ではエンジニアという職業がポジティブに捉えられ、将来の職業の選択肢として浮上しているという。そのため受験が終わり、実際に職業を選択する大学在学時にプログラミング学習に取り組む学生が増加していると同社は分析する。

勉強した言語と仕事で使う言語のギャップは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。