ニュース
» 2019年09月04日 08時00分 公開

「こんなとき誰かに聞けたらなぁ」:不明点を聞ける環境が欲しかった プログラミング学習者の8割が経験する挫折

侍が発表したプログラミング学習の挫折に関するアンケート調査の結果によると、約9割が挫折を経験していた。その理由として「不明点を聞ける環境になかった」が最も多かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オンラインプログラミング塾「侍エンジニア塾」を運営する侍は2019年9月2日、プログラミング学習の挫折に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、約9割が挫折を経験していることが分かった。

画像 プログラミングを学習しているときに挫折を感じたか(出典:

 今回のアンケート調査では、298人から回答が得られ、そのうちプログラミング学習の経験者は240人。学習方法は、多い順に「独学」(58.3%)、「学校」(19.2%)、「企業研修」(11.7%)、「プログラミングスクール」(7.1%)だった。

 プログラミング学習の経験者に、プログラミングを学習しているときに挫折や行き詰まりを感じたことがあるかどうかを聞いたところ、「ある」と回答した割合は87.5%だった。

「つまずき挫折」をどう回避するか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。