ニュース
» 2019年09月04日 14時30分 公開

VLOOKUPの制約を克服:Microsoft、Excel関数「XLOOKUP」を発表、「VLOOKUP」の後継

Microsoftは、新しいExcel関数「XLOOKUP」を発表し、β版を提供開始した。「VLOOKUP」や「HLOOKUP」の後継となる関数だ。併せて「XMATCH」関数も発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年8月28日(米国時間)、「VLOOKUP」関数の後継となる新しいExcel関数「XLOOKUP」を発表し、「Office Insider」プログラムの参加者にβ版の提供を開始した。今後数カ月間、最適化を行うという。

 VLOOKUPの歴史は長い。1985年にリリースされた「Excel 1 for Macintosh」に含まれている関数であり、Microsoftによれば現在でも「SUM」「AVERAGE」に次いで3番目によく使われているという。

 XLOOKUPは垂直(Vertical)方向に検索(Look Up)するVLOOKUPと、水平(Horizontal)方向に検索(Look Up)する「HLOOKUP」を兼ねた働きを持つ。つまり垂直と水平の両方向に検索する関数だ。

 最も簡単な検索形式では、3つの引数を取り、その場合、最もよく使われる完全一致検索を実行できる。このとき、必要な引数の個数がVLOOKUPより1つ少ない。

XLOOKUP(検索値, 検索範囲, 戻り値の配列)

  • 検索値:何を検索するか
  • 検索範囲:どの範囲を検索するか
  • 戻り値の配列:何を返すか(VLOOKUPとは異なり、複数の項目を含む配列を返すことができる)

XLOOKUP関数を使っているところ(クリックで拡大、出典:Microsoft

XLOOKUPで高度な検索を行うには

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。