ニュース
» 2019年09月05日 08時00分 公開

地方行政のクラウド化を推進:地方公共団体向け「NEC 公共IaaS」の提供を発表、閉域環境をパブリッククラウドと連携可能

NECは、地方公共団体向けにクラウドサービス「NEC 公共IaaS」を提供する。地方公共団体の閉域ネットワーク環境を維持しながら、パブリッククラウドとのセキュアな連携が可能だという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年9月4日、地方公共団体向けにクラウドサービス「NEC 公共IaaS」の提供を2020年4月に開始すると発表した。地方行政のクラウド化推進や、ITインフラの運用負荷軽減を支援するとしている。

 NEC 公共IaaSは、NECのクラウドサービスに新たに追加する地方公共団体向けのメニュー。地方公共団体でインターネットとは分離して運用している個人番号(マイナンバー)利用事務系や、LGWAN(統合行政ネットワーク)接続系といった閉域ネットワーク環境を維持しながら、パブリッククラウドとのセキュアな連携が可能だという。

「NEC 公共IaaS」の概要(出典:NEC)

使用技術、拠点設備、価格

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。