連載
» 2019年09月06日 05時00分 公開

Python入門:[Python入門]例外と例外処理の基礎 (2/2)

[かわさきしんじ,Deep Insider編集部]
前のページへ 1|2       

except節に書く例外クラスの順番

 注意してほしいのは、except節に書く例外クラスの順番だ。試しに、「except Exception as e:」節を一番上に書いてみよう(以下のコードではtry節を省略しているので、コードをコピー&ペーストで試している人は、上のコードでexcept節の順序だけを変えるようにしよう)。

while True:
    try:
        # 省略
    except Exception as e:
        print('Exception')
        print(e.args)
        print()
    except ValueError as e:
        print('Value Error')
        print(e.args)
        print()
    except IndexError:
        print('Index Error')
        print()
    print('try文の直後の行を実行しました')

print('無限ループを終了しました')

Exception例外を捕捉するexcept節を先に書いたコード

 これでコードを実行して、先ほどと同様に選択肢「2」を入力するとどうなるだろう。

実行結果 実行結果

 すると、上の画像のように「Exception」と表示された後に、例外の内容が表示された。「except Exception as e:」節で例外が捕捉されたということだ。実は例外クラスの多くはExceptionクラスを継承している(例外クラスの階層構造については次回に詳しく紹介する)。

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。