ニュース
» 2019年09月10日 08時00分 公開

「休みが増えた分、仕事が増えた」という声も:働き方改革が浸透?「労働時間」への満足度が向上 パーソルキャリア調査

パーソルキャリアは仕事に対する満足度調査の結果を発表した。職種別では、「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」「MR(営業)」「英文事務(事務/アシスタント)」の満足度が高かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルキャリアは2019年9月9日、同社の転職サービス「doda」が実施した仕事に対する満足度調査の結果を発表した。同調査では、20〜59歳のビジネスパーソン1万5000人を対象に、現在就いている職種について「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」の5つの指標別に満足度を100点満点で集計した。

 各指標の平均点は、全て2018年の値を上回った。5つの指標の中で満足度が最も高かったのは「労働時間」で、2018年よりも7.1点高い73.6点。調査対象者からは「働き方改革がより浸透してきた」とのコメントが多く集まったとしている。その他の指標は、「総合」が64.7点(2018年62.2点)、「仕事内容」が69.2点(同64.2点)、「給与・待遇」が62.6点(同56.5点)、「職場環境」が66.9点(同60.3点)だった。

画像 職業別満足度調査(出典:パーソルキャリア

 「総合」の満足度を職種別に見ると、最も高かったのは「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」で、満足度は73.5点だった。次いで、「MR(営業)」の72.8点、「英文事務(事務/アシスタント)」の72.3点だった。

 パーソルキャリアによると、「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」では、仕事そのものを楽しんでいるコメントが多く見られたという。特に「仕事内容」に対する満足度が高く、それ以外の指標でも「職場環境」を除いて満足度が平均70点を超えた。

 2位の「MR(営業)」は、全ての指標で70点を超えた。中でも「給与・待遇」と「労働時間」の満足度が高い。この職種は、2018年は1位、2017年は2位で、常に高い満足度を維持している。

労働時間の自由度が高いと満足度も高い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。