ニュース
» 2019年09月10日 14時30分 公開

コードの変更パターンを検知:IntelliCodeが「リファクタリング」を助ける、Visual Studio 2019 バージョン16.3の改善

Microsoftがリリースした「Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3」では、IntelliCodeがリファクタリングを支援する。開発者がコードにある変更を施すと、類似したコードのパターンを探し出すというもの。例えば開発者が自ら正規表現を工夫するよりも楽になる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年9月5日(米国時間)、「Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3」(9月4日リリース)において、IntelliCodeによるリファクタリング機能が向上したと発表した。開発者が行う反復的な変更をIntelliCodeが迅速に検知することで、IDE内で開発者が同様の変更を適用しそうなコード内の他の箇所を指摘するようになった。

 IntelliCodeのリファクタリング機能はプレビュー段階だ。そのため、Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3のデフォルトでは無効になっている。有効にするには、[ツール]−[オプション]−[IntelliCode]−[全般]から、プレビュー機能のカテゴリー内で「C# IntelliCode Refactorings」を「Enabled」(有効)に切り替える。

 設定変更後、開いているファイルがあればそれらを閉じ、Visual Studioを再起動すればよい。

リファクタリング機能を有効化するメニュー(出典:Microsoft

IntelliCodeによるリファクタリングの仕組み

 IntelliCodeは、開発者が入力する個々の編集内容をチェックし、PROSE(PROgram Synthesis by Example)を使って、汎用(はんよう)化された編集スクリプトを合成する。このスクリプトが、コードを編集前の状態から変更後の状態に変換する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。