ニュース
» 2019年09月12日 18時30分 公開

VS 2019 バージョン16.3で利用可能:「Visual Studio Terminal」、Microsoftが最初のプレビュー版を提供開始

Microsoftが9月4日にリリースした「Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3」では、開発中の「Visual Studio Terminal」の最初のプレビュー版が提供されている。「Windows Terminal」と一部のコードを共有しているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年9月9日(米国時間)、「Visual Studio 2019 バージョン16.3 Preview 3」(9月4日リリース)で、新しい「Visual Studio Terminal」の最初のプレビュー版を提供開始したことを明らかにした。

Visual Studio Terminalの外観(出典:Microsoft

 Visual Studio Terminalの中核部の大部分は、現在開発中の端末エミュレーターソフトウェア「Windows Terminal」と共有している。そのため、ユーザーは強力なターミナル体験の恩恵を受け、新しい機能を素早く導入できるという。

 Visual Studio Terminalのプレビュー版を試すには、[ツール]−[オプション]−[プレビュー機能]で、「Experimental VS Terminal」オプションを有効にした後、Visual Studioを再起動すればよい。

プレビュー版を有効にする方法(出典:Microsoft

 Visual Studio Terminalが有効になっていれば、[表示]−[Terminal Window]メニューから、または検索によって呼び出せるようになる。

Visual Studio Terminalを呼び出す方法(出典:Microsoft

ターミナルプロファイルの作成

 Visual Studio Terminalを起動すると、統合されたPowerShellインスタンスが自動的に開く。だが、シェルプロファイルを使って、起動エクスペリエンスをカスタマイズすることが可能だ。

 シェルプロファイルでは、さまざまなタイプのシェルをターゲットにしたり、ユーザー固有の引数を付けてシェルを起動したり、自分のニーズに合うデフォルトシェルを設定したりできる。

 Microsoftは今後のアップデートで、幾つかの基本プロファイルを持つターミナルを用意し、起動エクスペリエンスを最適化する予定だ。それまでは、ユーザーはターミナルの[オプション]ページで、手動でプロファイルを追加すればよい。

プロファイルを追加する画面(出典:Microsoft

 プロファイルの設定例を次に示す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。