連載
» 2019年09月13日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Windows 10】前回開いていたフォルダを再起動後に自動的に開く

再起動すると、開いていたフォルダが閉じられてしまうため、作業を継続するには手動でフォルダを開いていかなければならず、少々面倒だ。しかし、[フォルダーオプション]で設定を変更することで、自動的に再起動前に開いていたフォルダを再現することができる。その設定方法を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 Windows OSの起動時や再起動時などでサインアウトすると、これまで作業していたフォルダが閉じられてしまうため、毎回、同じフォルダを手動で開いていないだろうか。更新プログラムの適用などで再起動が行われると、せっかく開いていた状態のフォルダが全て閉じられてしまい、再度、フォルダを開いて作業を再開するのに手間取った、という経験を持つ人も多いはずだ(それがいやで再起動を先延ばししている人も多いと思う)。

 再起動前のフォルダの状態が保存され、再起動後に自動的に開いてくれたら、作業が継続できてとても便利だ。実は、起動/再起動後に前回のフォルダの状態を保存して、同じフォルダを開いた状態で起動するのは、簡単な設定変更で可能だ(この機能は、デフォルトではオフになっている)。その設定方法を紹介する。

[フォルダーオプション]ダイアログで設定する

 起動/再起動後に前回のフォルダを開くには、[フォルダーオプション]ダイアログで設定を行えばよい。

 Windows 10でエクスプローラーを起動し、[表示]タブの[オプション]をクリックする。[フォルダーオプション]ダイアログが開くので、[表示]タブを開き、「詳細設定」の「ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する」のチェックを入れる。

[フォルダーオプション]ダイアログで設定する(1) [フォルダーオプション]ダイアログで設定する(1)
こうして開いているフォルダの状態は、デフォルトでは保存されないため、再起動などを行うと全て閉じられた状態となってしまう。
[フォルダーオプション]ダイアログで設定する(2) [フォルダーオプション]ダイアログで設定する(2)
エクスプローラーを起動し、[表示]タブの[オプション]をクリックする。
[フォルダーオプション]ダイアログで設定する(3) [フォルダーオプション]ダイアログで設定する(3)
[フォルダーオプション]ダイアログが開くので、[表示]タブを選択する。ここの「詳細設定」にある「ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する」のチェックを入れる。
[フォルダーオプション]ダイアログで設定する(4) [フォルダーオプション]ダイアログで設定する(4)
これで、再起動前に開いていたフォルダが開いた状態で起動するようになる。

 これで、起動後/再起動後でも、前回開いたフォルダの状態が保存され、自動的に同じものが開いた状態で起動するようになる。ただし、シャットダウン/再起動前にフォルダを手動で閉じてしまうと、そのフォルダは起動後/再起動後に開いた状態とならないので注意が必要だ。

[スタートアップ]フォルダにフォルダのショートカットを登録する

 毎回、同じフォルダを開くのであれば、[スタートアップ]フォルダに登録するという手もある。この場合、前回開いていても、[スタートアップ]フォルダに登録していないフォルダは、起動/再起動後には開かないので注意が必要だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。