連載
» 2019年09月17日 05時00分 公開

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(15):カブドットコム証券がAWSでネットワークコストを40%強削減できる理由

多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。カブドットコム証券の事例では、オンライン証券取引における課題とネットワーク機能の移行ポイントを中心にお届けする。

[廣瀬治郎,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

カブドットコム証券 システム技術部 部長 宮本喜与士氏

 オンプレミスのシステムで証券サービスを提供してきたカブドットコム証券。しかし、証券取引のトラフィックは大量かつ変動が激しい。高度なセキュリティも必要。しかも自前の運用で。加えて、停止が決して許されない。これらはいずれも高コストなのが課題だった。

 これらの課題を低コストで解決するため、Amazon Web Services(AWS)を選択。試算ではネットワークコストを40%強削減できるという。「AWS Summit Tokyo 2019」に登壇したカブドットコム証券 システム技術部 部長の宮本喜与士氏の講演「【カブドットコム証券様登壇事例】クラウド化の価値はネットワークにあり 〜その恩恵と検討ポイントとは〜」からクラウド移行のポイントを探る。

トラフィック、セキュリティ、可用性――課題解決のためにAWSを採用

 カブドットコム証券は、日本オンライン証券とイー・ウイング証券の統合によって、インターネット専業の証券会社として2001年に設立された。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)におけるネット金融サービスの中核にあり、「顧客投資成績重視」を理念として事業を展開している。グループ内で先端技術を追う立場でもあり、FinTechの取り組みにも余念がなく、貸株業務や売買審査などにAI/機械学習を活用するなど積極的だ。

 「当社では2020年に向けて、ネット証券からMUFG×KDDIデジタル金融企業へと進化し、デジタルイノベーションのフロントランナーとして、『先進性No.1』『多様性No.1』『効率性No.1』という3つのNo.1を目標とした取り組み『カブコム2.0』を推進しています。2019年のAWS移行も、その重要な施策の一つです」(宮本氏)

 カブドットコム証券では、2012年に業界でもいち早く証券サービスの機能をWeb API(「kabu.com API」)として提供を開始。2018年8月にはインフラをAWSへ移行して、「次世代のFinTechプラットフォームを目指す」として話題となった。その後、テスト環境(「Amazon EC2」を活用)やコールセンターの自動案内(「Amazon Connect」を活用)など、AWS化を進め、2019年10月にもフロントシステムのAWS移行(「Amazon CloudFront」「AWS Shield」を活用)を計画している。

これまでの取り組み

 もともと同社では、オンプレミスのシステムで証券サービスを提供してきた。しかし、証券取引のトラフィックは大量かつ変動が激しいのが大きな課題として考えられていた。常に大量の株価データを配信しなければならず、経済や政治などの周辺環境に応じて相場が急激に変化すると「通常の3倍」というアクセスが集中することもある。オンプレミスであるため、WANだけではなくLANでの対応も必要となる。

 また、オンライン証券取引は非常にセンシティブであるため、高度なセキュリティ機器や技術が必要で、しかも自前で運用しなければならない。

 そして、証券サービスは停止が決して許されない。単一障害点をなくすため、インターネット接続を含めて全ての冗長化が求められた。

 「大量のトラフィック、セキュリティ、可用性という3つの課題を解決するには大きなコストがかかります。最大の課題はコストでした」(宮本氏)

ネットワークコストを40%強削減

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。