ニュース
» 2019年09月25日 08時00分 公開

DXが追い風になり基幹システムへの投資が増:ERPパッケージ市場は2021年にかけて成長率3%前後で堅調推移 矢野経済研究所

矢野経済研究所が発表した国内のERPパッケージライセンス市場に関する調査結果によると、2018年のERPパッケージライセンス市場は対前年比4.4ポイント増の1123億7000万円。2019年は、対前年比3.7ポイント増の1165億2000万円の見込み。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 矢野経済研究所は2019年9月24日、国内のERP(Enterprise Resources Planning)パッケージライセンス市場に関する調査結果を発表した。それによると、2018年のERPパッケージライセンス市場は対前年比4.4ポイント増の1123億7000万円。デジタルトランスフォーメーション(DX)が追い風となり、基幹システムへの投資が堅調だった。

 国内ERPパッケージライセンス市場は、2017年が対前年比0.8ポイント増のほぼ横ばいだったのに対して、2018年以降は堅調な伸びを保つ見込みだ。ユーザー企業がERPへの投資意欲を高い水準で維持しており、経営環境の変化に合わせて基幹システムを更新する動きが進んでいるためだ。2019年の市場規模は、対前年比3.7ポイント増の1165億2000万円の見込み。2021年にかけて成長率は3%前後を保ち、2021年の市場規模は1227億7500万円に達すると予測する。

画像 ERPパッケージライセンス市場規模推移、予測(出典:矢野経済研究所

クラウド化が進むも、景気悪化による影響が心配

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。