ニュース
» 2019年09月27日 17時00分 公開

設定スキーマを導入:Microsoft、「Windows Terminal Preview 1909」を公開

Microsoftは、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview 1909」を公開した。オープンソースであり、2019年9月にリリースされたCascadia Codeフォントも含む。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年9月24日(米国時間)、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview 1909」(September 2019 release)を公開した。オープンソースであり、Microsoft StoreかGitHubのリリースページからダウンロードできる。

 Microsoftは今回のプレビュー版から、Windows Terminal Previewのバージョン表記をWindowsに合わせた。Windows Terminal Preview 1909は、従来のバージョン表記でいう「Windows Terminal Preview v0.5」に相当する。

 今後は2019年末までにWindows Terminal 1.0として必要な機能を全て実装し、2020年4月に一般公開する予定だ。

 Windows Terminal Preview 1909の主な変更点は次の通り。

Cascadia Codeフォントを搭載

 Microsoftが2019年9月にリリースしたターミナルアプリケーションやコードエディタ向けの新しい等幅フォント「Cascadia Code」(バージョン1909.16)を搭載した。Windows Terminalをダウンロードしてインストールすると、Cascadia Codeも自動的にインストールされる。Cascadia Codeはオープンソースであり、GitHubのリリースページからダウンロードすることもできる。

設定スキーマを新たに導入

 設定スキーマを新たに導入した。設定スキーマでは、ユーザーが設定ファイル(profiles.json)を編集しているときに補完候補を提示し、各プロパティの定義も提供する。Windows Terminalのインストール後、設定スキーマの機能をすぐに利用できる。

設定を支援する設定スキーマの動作例(出典:Microsoft

スタイラスを用いた選択のサポート

 スタイラスペンを使って選択操作ができるようになった。Windows Terminalではスタイラスをマウスのように扱う。Windows Terminalのウィンドウでスタイラスをドラッグ操作すると、テキストを選択できる。

closeWindow機能を追加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。