ニュース
» 2019年09月30日 13時00分 公開

ChromeとFirefoxで利用できる:Webアクセスを高速化、Cloudflareのサービスが「HTTP/3」と「QUIC」に対応

CDN大手のCloudflareのエッジネットワークが、新トランスポートプロトコル「QUIC」と新Webプロトコル「HTTP/3」に対応した。対応Webブラウザを利用すれば、Webサーバにアクセスする際の遅延を軽減できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 CDN(Content Delivery Network)大手のCloudflareは、2019年9月26日(米国時間)、同社のエッジネットワークが新しいトランスポートプロトコル「QUIC(Quick UDP Internet Connections)」と新しいWebプロトコル「HTTP/3」に対応したと発表した。

 これにより、WebブラウザがHTTP/3に対応していれば、CloudflareのCDNサービスを利用している企業のWebサーバにアクセスした際の遅延が大幅に減り、高速化を期待できる。

従来のHTTP/1.0仕様に従った通信手順 クライアントとサーバの間でリクエスト/レスポンスが生じるたびに新しいTCP接続を作成するため、遅延が起こる(出典:Cloudflare
HTTP/3仕様に従った通信手順 通信セッションのトランスポート層でTCPを使う代わりにQUICプロトコルを用いることで、Webブラウザが画像やテキストをより早く入手できる(出典:Cloudflare

Google ChromeとMozilla Firefoxが対応へ

 Cloudflareは2018年9月に「HTTP over QUIC」(HTTP/3の当時の呼称)の予備サポートを発表して以来、IETF(Internet Engineering Task Force)を通じて業界他社と協力し、HTTP/3とQUICの策定に取り組んできた。例えばGoogle、Mozillaだ。さらに、Cloudflareはこれらの新標準がまとまるたびに、自社のネットワークで対応を進めてきた。

 インターネットユーザーは現在、Google Chromeの開発版(カナリア)である「Chrome Canary」を使って、HTTP/3経由でCloudflareなどのサーバとやりとりできる。コマンドラインクライアントの「curl」もHTTP/3をサポートしている。Firefoxの開発版である「Firefox Nightlyリリース」も、近いうちにHTTP/3をサポートする見込みだ。

Cloudflareを利用しているユーザー企業は何をすればよいのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。