ニュース
» 2019年10月02日 08時00分 公開

台数微増も売上額微減:クラウドベンダーは「もうサーバはいらない」のか 国内サーバ市場動向をIDCが調査

IDC Japanが発表した2019年第2四半期の国内サーバ市場動向によると、売上額は、対前年同期比6.0ポイント減。x86サーバは微減にとどまったものの、メインフレームとその他のサーバが2桁のマイナス成長で足を引っ張った。出荷台数は同2.5ポイント増だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年9月30日、2019年第2四半期(4〜6月)の国内サーバ市場動向を発表した。売上額は、対前年同期比6.0ポイント減の1090億円。出荷台数は、同2.5ポイント増の12万台だった。

 売上額を製品別に見ると、x86サーバは微減にとどまったものの、メインフレームとその他のサーバが2桁のマイナス成長で足を引っ張った。具体的には、x86サーバの売上額は対前年同期比0.9ポイント減の929億円、メインフレームは同19.4ポイント減の106億円、その他のサーバは同39.7ポイント減の55億円だった。

画像 2019年第2四半期 国内サーバ市場シェア売上額ベース(出典:IDC Japan)

「Custom Server」の売上額がマイナス成長

 x86サーバの売上額がマイナス成長となった要因は、「Custom Server」の売上額がマイナス成長になったこと。x86サーバは、カタログに掲載され、標準的なマザーボードや筐体を採用した「Standard Server」と、主にクラウドサービス事業者がODMダイレクト(※注)などから調達するサーバでマザーボードや筐体が特定の顧客や用途向けに設計されたCustom Serverに分類される。Standard Serverの売上額は対前年同期比5.3ポイント増の809億円だったのに対して、Custom Serverは同29.0ポイント減の120億円だった。

※注:ODM(Original Design Manufacturer)は、他社ブランドでの設計・製造を担うメーカー。そのメーカーからユーザーが直接製品を購入することをODMダイレクトと呼ぶ

出荷台数減少はクラウドベンダーの「一休み」が原因?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。