ニュース
» 2019年10月08日 08時00分 公開

安全性を確保しつつ従来の課題を解決:NTTのIoTシステム向けメッセージ認証技術「LightMAC」 ISO/IEC 29192-6に採択

NTTのIoTシステム向けメッセージ認証技術「LightMAC」が、軽量暗号技術に関する国際標準規格「ISO/IEC 29192-6」に採択された。ブロック暗号に対して独自の繰り返し方法を用いて、従来のメッセージ認証技術の課題を解決した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本電信電話(NTT)は2019年10月4日、「LightMAC」が軽量暗号技術に関する国際標準規格「ISO/IEC 29192-6」に採択されたと発表した。LightMACは、農業分野やヘルスケア分野、スマートハウスなどで使われる、IoT(モノのインターネット)機器など小型機器向けのメッセージ認証技術。同社が、ベルギーのルーベンカトリック大学およびデンマーク工科大学と共同で開発し、標準化を推進してきた。

画像

軽量ブロック暗号の課題を「繰り返し」によって解決

 「軽量暗号技術」は従来の暗号技術よりも、メモリ容量やプロセッサの処理性能などが限られた環境に適している暗号アルゴリズム。単純にブロック暗号のデータ処理単位(ブロック長)を小さくして処理負荷を減らすと安全性が損なわれるので、安全性を確保したまま軽量化することは難しかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。