ニュース
» 2019年10月15日 11時00分 公開

エディタ機能などを改良:Microsoft、「Visual Studio Code」の「September 2019」リリースを公開

Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「September 2019」リリース(バージョン1.39)を公開した。ソース管理ビューやデバッグ時の画面などを改善した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年10月9日(米国時間)、WindowsやmacOS、Linuxに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の最新版「September 2019」リリース(バージョン1.39)を公開した。

 VS Code バージョン1.39では、エディタ機能やワークベンチ、統合ターミナル、言語関連、デバッグ機能などに数多くの改良がある。主な改良点は以下の通り。

エディタ機能:テキスト選択領域をミニマップで表示

 テキスト選択領域をミニマップで強調表示するように改良した。

 選択領域の色を変更するには、「minimap.selectionHighlight」テーマカラーを変更する。

エディタ機能:折りたたみのトグル動作を改善

 折りたたみ領域の展開と折りたたみを「Toggle Fold」コマンドで素早く実行できるようになった。[Ctrl]+[K]キーや[Ctrl]+[L]キーで実行できる。

ワークベンチ:ソース管理ビューを改善

 ソース管理ビューを改善して、最新のツリーウィジェットを使用するようになった。ソース管理タイトルバーの「Toggle View Mode」ボタンで、リスト表示とツリー表示を切り替え可能だ。

 デフォルト表示は「scm.defaultViewMode」設定を使って変更できる。この設定は「list」または「tree」の値を取る。

 また、ビュー内で文字を入力すると、アップデートされたウィジェットの自動キーボードナビゲーションやフィルタリングが働くようになった。

統合ターミナル:カスタム作業ディレクトリで新しいターミナルを開く機能を追加

 カスタムのカレント作業ディレクトリ(cwd)でターミナルを作成できる新しいコマンドを用意した。

{
  "key": "cmd+shift+h",
  "command": "workbench.action.terminal.newWithCwd",
  "args": {
    "cwd": "${fileDirname}"
  }
}

 ユーザーが指定した作業ディレクトリで新しいターミナルを開くキーボードショートカットを作成できる。作業ディレクトリとして複数の位置を設定できる。「cwd」の値は、通常のパスか変数を指定する。

言語対応:HTML ARIA属性の参照リンクを追加

 HTML ARIA属性の自動補完やホバー情報に、対応するWAI-ARIAドキュメントへの参照を含むようになった。

言語対応:CSSプロパティの行末にセミコロンを追加できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。