連載
» 2019年10月16日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(58):「違和感駆動」で目標を見いだそう (1/3)

何を目標にしたらいいのか分からない――このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。今回は、目標を見いだす1つの方法を紹介します。キーワードは「違和感」です。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

 私がビジネスパーソンのコーチング、カウンセリングを行う際によくいただくテーマの1つが「将来に対する不安」です。

 今の生活に特別不満があるわけではないし、仕事に大きな問題があるわけでもない。どちらかといえば、うまくいっている方かもしれない。けれども、将来を考えると不安になる、自信が持てない――と。

 不安になる理由として多く挙げられるのが、「目標が分からない」というもの。「目標を明確にして、それに向かって歩んでいきたい」といった相談がとても多いのです。

 確かに、「将来こうなりたい!」という目標があって、そこに向かって歩んでいる実感が持てれば、不安は和らぎ、前向きになれるかもしれません。それはまるで、暗い夜の海を航海しているとき、前方に光る灯台のように。

 一方で、「目標を見つけたい」と思っても、そう簡単に見つからない人も多いでしょう。というより、簡単に見つかっているなら、そもそも悩んでいないし、不安も抱いていないはず。

 かといって、「取りあえず、今できることを一生懸命やっていれば、そのうち目標が見えてくる」というアドバイスもよく聞きますが、それでは、不安の解消にはなりません。

 では、どのようにすれば、当面の目標を見いだすことができるのでしょうか。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。