ニュース
» 2019年10月16日 08時00分 公開

効果の高いPR手法、インスタグラマー支援など:SNSで人気度が高いユーザーのタグをまねるAI技術を開発 東京大学

東京大学の特任研究員である汪雪テイ氏らは、SNSなどで人気度を高められるハッシュタグ推薦技術を開発した。人気度の高いユーザーのタグ利用傾向を人工知能に学習させて、タグを推薦する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 東京大学大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻の特任研究員である汪雪ティン氏と同専攻博士課程に在籍する張軼威氏、同専攻の准教授を務める山崎俊彦氏は2019年10月11日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などで人気度を高められる「ハッシュタグ推薦技術」を開発したと発表した。SNSを用いたオンライン広告の効果推定や効果の高いPR手法の推薦、インスタグラマー支援などに応用できるという。

 SNSは閲覧回数やコメント、お気に入りなどの数で、コンテンツの人気度や注目度が評価される。SNSユーザーは、コンテンツに付与されたハッシュタグによってコンテンツを検索することが多く、SNSを用いてマーケティングやプロモーションを実施する場合、コンテンツに適切なタグを付与することが非常に重要になる。

画像 ハッシュタグを人気度寄与順にランキングし推薦する手法の概念図(出典:東京大学

 汪氏らが開発した技術は「User-Aware Folk Popularity Rank」(UFP-Rank)という、人気度の高いユーザーが使うタグの傾向を考慮したタグ推薦アルゴリズムを用いる。同アルゴリズムは、汪氏らが2017年に開発した「Folk Popularity Rank」(FP-Rank)というタグ推薦技術を改善したもので、サイバー・バズと共同で開発した。

センスの高い他のユーザーをまねしたタグを推薦

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。