ニュース
» 2019年10月16日 17時30分 公開

OSがハードウェアに直接アクセス:AWSがベアメタルオプションを拡張、Armベースの「Amazon EC2 A1」インスタンスに対応

Amazon Web Services(AWS)は、Armベースの「Amazon EC2 A1」インスタンスのベアメタルオプション「a1.metal」の提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年10月10日(米国時間)、「Amazon EC2 A1」インスタンス(A1インスタンス)のベアメタルオプション「a1.metal」の提供を開始すると発表した。仮想環境での実行を認められていないアプリケーションの利用などに適する。

 A1インスタンスは、Armベースの「AWS Graviton」プロセッサで動作する初のEC2インスタンス。このプロセッサには、64bitの「Arm Neoverse」コアとAWSが設計したカスタムシリコンが搭載されている。

 A1インスタンスは、Webフロントエンドやコンテナ化されたマイクロサービス、キャッシュサーバ群のようなスケールアウト型ワークロードに適している。Armをターゲットとする開発者はA1インスタンスを使用することで、クラウド上のArmベースインフラでネイティブに構築やテストを行うことができ、クロスコンパイルやエミュレーションが不要になる。

ベアメタルオプションの利点とは

 今回のベアメタルオプションの主な仕様は次の通り。

インスタンス名 論理プロセッサ メモリ EBS最適化帯域幅 ネットワーク帯域幅
a1.metal 16 32GiB 3.5Gbps 最大10Gbps

 既存のベアメタルインスタンス(「M5」「M5d」「R5」「R5d」「z1d」など)と同様に、a1.metalでは、OSは基盤となるハードウェア上で実行され、プロセッサに直接アクセスできる。

 ベアメタルインスタンスは、以下のようなアプリケーションに向く。

  • 物理リソースや、仮想環境で利用できるとは限らない、あるいは十分にサポートされていない低レベルのハードウェア機能(パフォーマンスカウンタなど)にアクセスする必要があるアプリケーション
  • ハードウェア上で直接動作するように作られたアプリケーションや、非仮想環境での使用向けにライセンスまたはサポートされるアプリケーション

 また、ベアメタルインスタンスは、「Elastic Load Balancing」「Auto Scaling」「Amazon CloudWatch」などのAWSサービスも利用できる。

 a1.metalインスタンスは、先行して提供されてきた米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の4つのAWSリージョンに加え、10月10日から欧州(フランクフルト)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシフィック(ムンバイ)、アジアパシフィック(シドニー)の4リージョンでも利用できるようになった。

さまざまな環境を利用できるA1インスタンス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。