ニュース
» 2019年10月17日 08時00分 公開

偏見のない情報の提供などに期待:「上司よりもロボットの方が信頼できる」 Oracleが職場でのAI利用に関する調査

Oracleが発表した「職場におけるAI(人工知能)」に関する調査結果によると、「マネジャーよりもロボットを信頼する」と回答した割合は64%。特にインドと中国でAIに好意的だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Oracleは2019年10月16日、「職場におけるAI(人工知能)」に関する調査結果を発表した。従業員やマネジャー、人事部門リーダーの合計8370人を対象に、米国、英国、フランス、中国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)、ブラジル、日本で実施した。同社は調査結果から、AIは職場での人と技術の関係や、人事チームとマネジャーが果たすべき役割を変えていることが分かったとしている。

「マネジャーよりもロボットの方が物事をうまくこなす」

 職場でのAI活用について聞いたところ、何らかの形でAIを利用していると回答した従業員の割合は50%で、2019年の32%から大幅に増加した。特に中国(77%)とインド(78%)で利用率が高く、フランス(32%)と日本(29%)は低かった。

 AIの導入に最も好意的だったのはインドで、60%の従業員が賛同した。次いで、中国(56%)、UAE(44%)、シンガポール(41%)、ブラジル(32%)、オーストラリア/ニュージーランド(26%)、日本(25%)、米国(22%)、英国(20%)、フランス(8%)の順だった。

 男女別では、AIに対して楽観的だと回答した割合は男性が32%、女性が23%だった。

画像

 職場にAIが浸透すると、従業員とマネジャーとの関係に影響を与えるようだ。今回の調査では「マネジャーよりもロボットを信頼する」と回答した割合は64%で、半数はマネジャーよりもロボットにアドバイスを求めるとしている。さらに、マネジャーよりもロボットの方が物事をうまくこなすと考えている割合は82%に上った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。