ニュース
» 2019年10月18日 10時00分 公開

コストと性能以外にも利点あり:Amazon、75ペタバイトの業務データをOracle Databaseから各種のAWSサービスへ移行

Amazonは、7500近くのOracle Databaseに保存していた75PBのデータを、さまざまなAWSデータベースサービスに移行した。レガシーなデータベースの運用管理から技術者を解放し、より優れた顧客エクスペリエンスの提供へと向かうためだ。コスト削減と性能向上にも成功した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年10月15日(米国時間)、7500近くのOracle Databaseに保存していた75PB(ペタバイト)に及ぶAmazonの各種データを、さまざまなAWSデータベースサービスに移行する作業が完了したと発表した。

 これに伴い、Amazonの消費者向け事業部門は、購入管理やカタログ管理、注文処理、会計、ビデオストリーミングなどのデータベースをAWSにほぼ全て移行した。

 ただし、一部のサードパーティーアプリケーションはOracle Databaseと密接に結び付いているため、AWSには移行しなかったという。

マイグレーションの概要(出典:AWS

 移行先のAWSのサービスは「Amazon DynamoDB」「Amazon Aurora」「Amazon Relational Database Service(RDS)」「Amazon Redshift」など、多岐にわたる。

 移行作業には大きな問題がなかったという。移行したサービスの種類によって異なるものの、ほとんどのサービスで、ダウンタイムは全く発生しなかった。

なぜ移行したのか?

 AWSは移行の背景について次のように説明している。

 「トランザクションとデータ保存量が増大を続ける中、データベース管理者は、付加価値の高い業務を推進するのではなく、レガシーなOracle Databaseの運用管理に追われていた。例えば複雑で効率の低いハードウェアプロビジョニングを含むスケーリングや、ライセンス管理などだ。これらの管理には、モダンなマネージドデータベースサービスを使って処理することで最適解が得られる業務が、数多く含まれていた」

 今回のAWSへの移行では、Amazonの消費者向け事業部門から100以上のチームが参加した。その中には、知名度の高いAmazonのさまざまな顧客向けブランドやサイトが含まれる。例えば、「Alexa」「Amazon Prime」「Amazon Prime Video」「Amazon Fresh」「Kindle」「Amazon Music」「Audible」「Shopbop」「Twitch」「Zappos」などだ。

 Amazonのさまざまな社内チームも移行に携わった。例えば、広告や注文処理技術、消費者決済、顧客返品、カタログシステム、エクスペリエンス提供、デジタルデバイス、外部決済、財務、情報セキュリティ、マーケットプレース、注文、小売りシステムなどだ。

データベースを移行したことで何が得られたのか?

 移行前と移行後のコストとパフォーマンスを比較したところ、次のような成果が得られたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。