ニュース
» 2019年10月23日 08時00分 公開

通信事業者と金融機関を装ったサイトが大半:フィッシングサイトが急増 JPCERT/CCが「インシデント報告対応レポート」を公開

JPCERT/CCは、2019年7〜9月の「インシデント報告対応レポート」を公開した。この四半期はフィッシングサイトのインシデントが急増した。通信事業者と金融機関を装ったサイトが大半を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2019年10月17日、2019年7〜9月の「インシデント報告対応レポート」を公開した。

 この四半期の報告件数は4618件で、前四半期に比べて21%、前年同期比では18%、それぞれ増加した。また、JPCERT/CCが国内外の関連するサイトとの調整を実施した件数は4149件で、前四半期に比べて48%、前年同期に比べて87%、それぞれ増えた。

カテゴリー別ではフィッシングサイトが6割

 インシデントをカテゴリー別に見ると、フィッシングサイトが最も多く、60.4%を占めた。フィッシングサイトのインシデントは、2019年6月までは毎月400〜700件程度で推移していたが、同年7月以降は毎月1000件以上に急増した。この四半期の報告件数は3457件で、前四半期に比べて78%、前年度同期からは166%それぞれ増加した。

画像 インシデントのカテゴリー別割合(出典:JPCERT/CC

 次点は「スキャン」の16.2%。これはシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を探索する行為のこと。件数は減りつつある。最近1年間では2019年1月が838件で最も多かったのに対して、同年7月は360件、8月は314件、9月は253件だった。

 フィッシングサイトについて詳しく見ると、国内のブランドを装ったサイトは673件で、通信事業者のサイトを装ったものが43.8%で最も多く、金融機関を装ったサイトと合わせると大半を占める。2019年7月中旬からは、SNSサービスを装ったフィッシングサイトも増加傾向にある。一方、国外のブランドを装ったサイトは1828件で、そのうちEコマースサイトを装ったものが73.0%だった。

Webサイト改ざんは減少したが、標的型攻撃は増加

 次に、Webサイトの改ざんについて見ると、この四半期に報告が寄せられた改ざん件数は236件で、前四半期から8%減った。Webサイトに不正に埋め込んだコードで偽のマルウェア感染の警告を表示してサポートに電話を促す詐欺サイトや、不審なツールのダウンロードを促すサイトなどに転送される事例があった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。