ニュース
» 2019年10月28日 19時00分 公開

漸進的な変革アプローチが重要に:「デジタル化に関する誤解」が企業幹部の最大の懸念事項に、Gartnerが調査

Gartnerの「Emerging Risks Monitor Report」の最新版によると、2019年第3四半期には、「デジタル化に関する誤解」と「デジタル化の遅れ」が、世界のビジネスリーダーが抱える最大の懸念事項となった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2019年10月24日(米国時間)、四半期ごとに実施している組織のリスク調査をまとめたレポート「Emerging Risks Monitor Report」の最新版を発表し、2019年第3四半期には、「デジタル化に関する誤解」と「デジタル化の遅れ」が、世界のビジネスリーダーが抱える最大の懸念事項となったと報告した。

 この調査は世界各地域の幅広い業種の上級幹部を対象に実施されており、144人から回答を得た2019年第3四半期調査では、懸念事項の1位が「デジタル化に関する誤解」(第2四半期の調査では4位)、2位が「デジタル化の遅れ」(第2四半期も2位)となった。第2四半期に1位だった「変化のペース」は、2018年第4四半期から3四半期連続で5位までに入っていたが、今回は6位以下となった。

リスクスコアが高い上位の5つの課題(2018年第4四半期〜2019年第3四半期のデータ)(出典:Gartner

 Gartnerのリスクと監査プラクティス担当バイスプレジデントであるマット・シンクマン氏は、次のように説明している。

 「米中国貿易戦争のような外部マクロリスクの脅威への懸念が、経営幹部の間で高まっている。だが、今四半期のレポートで上位3つの懸念事項が、いずれも社内オペレーションに関するものであることに注目したい。ビジネスリーダーは、デジタル化に関する戦略に最も注意を払っており、その実行のためのリソースを確保している」

確信が持てない企業戦略の担当者

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。