連載
» 2019年10月31日 05時00分 公開

Windows 10への移行:Windows 7を安全に使い続けたい人のための3つの方法

2020年1月14日に「Windows 7」のサポートが終了する。その後もWindows 7を安全に使い続けるためには、何らかの対策が必要になる。その方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows 10への移行」のインデックス

連載目次

 2020年1月14日に「Windows 7」の延長サポートが終了し、セキュリティ更新プログラムの提供が終了する。以降、基本的にWindows 7に対する更新プログラムの提供は行われなくなる。Windows 7を使い続けることは可能だが、更新プログラムの提供が行われないことから、セキュリティ的には危険な状態となる。

 しかし、Windows 7でしか動作しないアプリケーションやデバイスがあるなど、どうしてもWindows 7を使い続けなければならない場合もあるだろう。また単純に、問題なく動いているWindows 7の環境を使い続けたいという要望もあるのではないだろうか。

 サポートの終了後、Windows 7を引き続き安全に利用するには、以下のような対策が考えられる。

  • Windows 7をネットワーク的に隔離する
  • Windows 7 Extended Security Updates(ESU:拡張セキュリティ更新)を契約する
  • Windows Virtual Desktopを利用する

 本稿では、それぞれについて仕組み、メリット/デメリットをコンパクトに解説する。

Windows 7をネットワーク的に隔離する

 脆弱(ぜいじゃく)性が悪用されるのは主にネットワーク経由となる。そこで、Windows 7を別のネットワークに隔離し、ネットワーク経由の攻撃を受けないようにすればよい。ただ、USBメモリなどを介した攻撃の可能性もあるので、ネットワークを分けても必ずしも安全といえない点には注意したい。また、この方法だとインターネット上のリソースへのアクセスが必要なアプリケーションは、原理的に利用できない。

Windows 7をネットワーク的に隔離する Windows 7をネットワーク的に隔離する

 また、Microsoftのサポートが終了すると、PCベンダーが配布しているデバイスドライバの提供が終わってしまうことも多い。ハードウェアの不調からWindows 7の再インストールを行うといった際にデバイスドライバが入手できず苦労する可能性もある。事前に必要なデバイスドライバや更新プログラムなどをダウンロードしてアーカイブしておいた方がよい。

 さらに最新のハードウェアでは、Windows 7がサポートされていないことから、現在Windows 7が動作しているPCが故障した場合の対策も十分に考えておく必要があるだろう。

 このように既存のWindows 7環境を使い続けるのは、意外と面倒なことが多い。

Windows 7 Extended Security Updatesを契約する

 「Extended Security Updates(拡張セキュリティ更新。以下、ESU)」は、サポート期限が過ぎた製品に対して、緊急または重要なものに限定してセキュリティ更新プログラムを提供するMicrosoftの有償サービスだ。

 Windows 7に対しても、ESUは提供されるが、対象はWindows 7 ProfessionalとEnterpriseに限定される。その他のエディションは対象外となるので、ESUを利用する場合は、Windows 7 Professional/Enterpriseでアプリケーションやデバイスが動作することを確認し、エディションを変更する必要がある。

 以前のESUは、エンタープライズ契約(エンタープライズアグリーメント:EA)の企業のみが加入できるものであったが、Windows 7に対してはMicrosoftパートナーを介して、中小企業なども加入できるように対象が拡大されている(MicrosoftのMicrosoft 365 Blog「A new way for small and midsize businesses to stay secure and current」[英語])。

 対象期間は、サポート終了日以後12カ月を単位として、3回連続の期間(3年)となる。12カ月単位での購入となるため、Windows 10へ移行するまでの6カ月間を購入する、といったことはできない点に注意したい。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。