連載
» 2019年11月01日 05時00分 公開

Windows 10 The Latest:2019年秋の機能アップデート「19H2」リリース直前。次期Windows 10はどうなる?

Windows 10の秋の機能アップデート「19H2」がリリース直前だ。19H2はどのような内容になるのか、さらにその次の「20H1」の新機能やトラブルについても紹介する。

[塩田紳二,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Windows 10 The Latest」のインデックス

連載目次

 「Windows 10」の機能アップデート「19H2」「20H1」の動向をまとめて報告する。まず19H2が最終版となり、変更点などが確定した。2019年11月より一般ユーザー向けの配布が開始される予定だ。20H1の方は、特に大きな改良点はなく、ほぼ1週間おきに更新というパターンが続いている。ただし、再起動ができなくなるという問題が発生しており、注意が必要だ。

19H2が最終版に

 19H2が最終版となり、11月には、「Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)」として配布が開始される予定である。November 2019 Updateは、簡単に言うと「Windows 10 May 2019 Update」のマイナーアップデート版で、安定性と若干の新機能からなる。May 2019 Updateよりは安定しているとのことなので、できれば、アップデートした方がいいだろう。

 また、このNovember 2019 Updateのアップデートは、再起動は必要なものの、インストール時間はこれまでよりも短い時間で完了するはずだ(その理由など詳細は後述)。

 Microsoftが公開しているNovember 2019 Updateの主な更新履歴は、下表のようなものになる。また、次の表に主な変更点(公開されているもの)をまとめた。これを見ても分かるように、大きな新機能は乏しく、「安定性」を重視した内容となっている(新機能が増えると、それだけトラブルが発生しやすい)。Windows 10のアップデートでは、公開されない改良点などもあり、現在、発生している障害が解消される可能性もある(もちろん、解消されない可能性もあるが)。

リリース日 ビルド番号 更新履歴
10月10日 ビルド18363.418 19H2の修正点確定(リリースプレビューリング向け)
10月16日 ビルド18362.10024 スローリングインサイダー向け配布
10月21日 ビルド18363.418 スローリングインサイダー向け最終版
10月22日 ビルド18363.446、同.448 インサイダー向けプレビュー
10月24日 ビルド18363.449 19H2の品質アップデート(リリースプレビューリング)
11月中 ビルド18363.xxx 一般向け配布開始予定
Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)の更新履歴

改良点
Windows Server for Update Service(WSUS)関連の更新
Windows Insider Program for Business(WIP4Biz)対応
Windows Containers(開発時コード名「Argon」)の改良
Windows Inkの改良(OEM向け)
Microsoft Intune/Mobile Device Management(MDM)関連の改良
ロックスクリーンでサードパーティデジタルアシスタントの実行が可能に
カレンダーフライアウトで予定の登録が可能に
[スタート]メニューのナビゲーションペインにマウスカーソルが入ると自動で開く
[Windowsの設定]アプリの[システム]−[通知とアクション]−[各アプリの通知設定]画面ジの改良
[Windowsの設定]アプリの[システム]−[通知とアクション]画面でアプリの並びを通知時刻順に
通知をトーストおよびアクションセンターからオフすることが可能
アクションセンターに通知設定ページを開くボタン
新しいIntelプロセッサのデバッグ機能に対応
特定のプロセッサを搭載したPCの一般的なバッテリ寿命と電力効率を改善
SMTプロセッサのスケジューリングポリシーの改良
Arm64デバイスでWindows Defender Credential Guardが利用可能に
Microsoft IntuneからSモードでのWin32(デスクトップ)アプリの許可が可能に
改良されたWindows Searchがエクスプローラー検索欄から利用可能に
ナレーターや他の支援技術が[FN]キーの位置や状態を把握可能に
Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)の主な改良点

Windows 10の更新パターン

 今回、November 2019 Updateの最終版が出たことで、今後のWindows 10の更新パターンが確定した。

 Windows 10 The Latest「【次期Windows 10最新動向】19H2は機能追加なし? 20H1より遅れてプレビュー開始」などでもお伝えしているように、春の機能アップデートは多数の新機能を含む「更新版」であり、秋のアップデートは、Microsoftの主張が正しければ「安定版」ということになる。

 これまでの半年に1回の機能アップデートの配布では、Windows自体をゼロから再インストールする「フルアップデート」が行われていた。このため、機種によっては、アップデートに非常に長い時間がかかっていた。

 一般に、フルアップデートは、CPU性能やストレージの速度に比例して短くなる。更新ファイルなどのダウンロードは、Windowsが動作している「オンライン状態」で行われるため、処理速度は落ちてもWindows 10を使いながら行える。一方、アップデート作業では、Windows 10を停止した「オフライン状態」での更新作業となるため、CPUの処理速度やストレージ速度に応じた時間がかかる。それほど高速ではないハードウェアでは数時間かかる場合もあり、この間、Windows 10を使うことができないため、ユーザーによっては大きなストレスになっていた。

 November 2019 Updateからは、秋の機能アップデートは、フルアップデートではなく、毎月の品質アップデートと同じく、Windows 10を動作させたままインストールを行う部分アップデートとなる。ただし、稼働中のWindows 10のファイルを置き換えることはできないため、再起動およびオフライン状態での作業は発生する。しかし、機能アップデートに比べると短時間で終了する。

 また、May 2019 Updateからは、Windows Updateの延期機能なども変更された。これらを考慮すると、エディションごとに更新パターンが変わってくる。

 まずHomeエディションでは、秋のアップデートが品質アップデートとなることで、フルアップデートは年1回のみとなる。機能アップデートを非適用にした状態で(バージョンを飛ばして)利用することはできないが、最大で35日の延期は可能なので、春の機能アップデートが心配なら延期して様子を見ることも可能だ。

Windows 10の新しいアップデートパターン Windows 10の新しいアップデートパターン
19H2は、Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)のマイナーアップデート版であり、品質向上をうたう安定版でもある。これにエディションごとのサポート期間やWindows Updateの延期機能を組み合わせることで、エディションごとに更新のパターンが変わってくる。
Home:秋の機能アップデートが品質アップデートになるので機能アップデート(フルアップデート)が年1回になる。
Pro:機能アップデートを回避し、安定版から安定版へのフルアップデートが可能。
Enterprise/Education:安定版となる秋のアップデートの寿命が30カ月で、WSUSで最大2回の機能アップデートを回避可能。

 Proエディションでは、最大1年の機能アップデートの延期が可能となる。このため、安定版となる秋の機能アップデートをした後、翌年春の機能アップデートをやり過ごして、翌年秋の機能アップデートに直接移行することが可能になる。ただし、このときにはフルアップデートが必要となるため、長時間かかることになる。フルアップデートは、Homeエディション同様、年1回となる。

 Enterprise/Educationエディションの場合、秋の機能アップデートのサポート期間は最大30カ月となるため、WSUS(Windows Server Update Services)を導入していれば、最大30カ月、つまり2回の機能アップデートをスキップさせることが可能となる。これにより、フルアップデートによる業務中断を2年に1回に抑えつつ、安定版から安定版へのアップデートが可能になる。

20H1の変更点

 2020年春に提供予定の機能アップデート「20H1」の開発状況も見ていこう。10月に行われた改良点のうち大きなものとしては、Windows 10の「クイックペアリング(Quick Pair)」の手順が簡略化された点だ。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。