ニュース
» 2019年11月01日 08時00分 公開

IoTや人工知能は「幻滅期」に:ガートナーが2019年版「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル」を発表

ガートナー ジャパンは「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」で、日本のITリーダーがデジタルビジネスを推進するに当たって重要なキーワードとして、40種類の技術やサービスなどを取り上げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2019年10月31日、「日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。そこでは、日本のITリーダーがデジタルビジネスを推進するに当たって重要なキーワードとして、40種類の技術やサービスなどを取り上げた。

画像 2019年日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル(出典:ガートナー

 例えば、「黎明(れいめい)期」には「メインフレーム・トランスフォーメーション」や「デジタル・メッシュ」「AIOpsプラットフォーム」などが挙げられた。そして「『過度な期待』のピーク期」には「5G」や「アジャイル・プロジェクト・マネジメント」などが、「幻滅期」には「モノのインターネット」や「人工知能」「ブロックチェーン」などが、「啓蒙(けいもう)活動期」には「ソーシャル・アナリティクス」や「クラウド・コンピューティング」などが取り上げられた。

デジタルへの取り組みがうまく進まない日本企業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。