ニュース
» 2019年11月01日 09時30分 公開

やり直しもできる:Microsoftが「PowerToys v0.12」を公開、ファイル名の一括変更が容易に

Microsoftは、オープンソースで開発中のパワーユーザー向けWindowsユーティリティー集の最新版「PowerToys v0.12」を公開した。ファイル名変更ツールやウィンドウマネージャーが目玉だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年10月29日(米国時間)、オープンソースで開発中のパワーユーザー向けWindowsユーティリティー集の最新版「PowerToys v0.12」をGitHubで公開した。

 PowerToysは、Microsoftが過去のWindows(Windows 95からWindows XPまで)向けに無償公開していた同名のユーティリティー集にヒントを得て、Windows 10向けに開発中のソフトウェア。

 新しいPowerToysの位置付けは、「Windowsエクスペリエンスのチューニングや効率化によって生産性向上を実現する、パワーユーザー向けのユーティリティーセット」というもの。PowerToysを使うことで、Windows 10のシェルを便利に使ったり、個々のワークフローに合わせてカスタマイズしたりできるようになるという。

大量のファイル名を一括変更できるツールを追加

 PowerToys v0.12では、新ユーティリティー「PowerRename」を追加した。PowerRenameを使うと、検索/置換はもちろん、正規表現を指定して、複数のファイル名を一括変更できる。

PowerRenameでファイル名を一括変更しているところ(クリックで再生、出典:Microsoft

 画面にあるように、検索/置換入力フィールドにユーザーが入力している間、プレビュー領域には変更後のファイル名(Renamed)を元のファイル名(Original)と同時にリアルタイム表示する。

 その後、PowerRenameがWindowsエクスプローラーのファイル操作エンジンを呼び出して、名前を実際に変更する。このような仕組みになっているため、PowerRenameの終了後であっても名前の変更操作を取り消し可能だ。

ウィンドウマネージャーを改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。