ニュース
» 2019年11月06日 08時00分 公開

就労移行支援事業所「Neuro Dive」:パーソルチャレンジが障害者の先端ITの学習を支援する施設を秋葉原に開設

パーソルチャレンジは、先端ITの学習を支援する障害者向けの就労移行支援事業所「Neuro Dive」を東京都の秋葉原に開設する。データ処理やサイバーセキュリティなどに関するスキルを、オンラインコンテンツを使って学べる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 障害者雇用支援事業を手掛けるパーソルチャレンジは2019年11月1日、先端ITの学習を支援する就労移行支援事業所「Neuro Dive」を東京都の秋葉原に開設すると発表した。AI(人工知能)や機械学習、データサイエンスといった先端IT領域で障害者の職域拡大と活躍を支援する。同社によると、こうした就労支援事業は国内で初めてだという。

 Neuro Diveは、障害者総合支援法に基づく就労移行支援事業所。国家資格を保有し障害者の就職支援に精通したキャリアコンサルタントと、先端IT領域に精通したテクニカルスタッフを配置しており、一人一人の特性や意向に合ったスキル習得計画を立てて、就職と就業を支援する。

画像 Neuro Dive利用の流れ(出典:パーソルチャレンジ

UdemyやCisco Networking Academyを活用

 特にITの習得に焦点を当てており、データ処理やサイバーセキュリティなどに関するスキルを学べる。データサイエンスやビジネスデータ分析、統計学、データ可視化といった先端ITのスキルを、ベネッセのオンライン動画学習サービス「Udemy」で習得する。サイバーセキュリティについては、シスコシステムズの「Cisco Networking Academy」で基礎知識や実践的な対策、解析方法を学ぶ。利用者は、自身で講座を選び、学習を進める。疑問点があれば、講座の開設者や支援員に質問できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。