ニュース
» 2019年11月08日 08時00分 公開

政府官公庁/地方自治体の成長率はマイナス:2023年国内IT支出は年平均1.9%増の29兆円 ガートナーが予測を発表

ガートナー ジャパンの、国内のIT支出に関する予測によると、2018年から2023年までの年平均成長率は全体で1.9%。2023年の支出額は約29兆円。年平均成長率が最も高い業種は金融で2.4%増と予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナー ジャパンは2019年11月7日、国内の業種別IT支出について、2023年までの予測を発表した。それによると、2023年までの年平均成長率は、全体で1.9%。2023年の支出額は約29兆円と予測する。

 2019年の日本のIT支出成長率は、対前年比3.0%増となる見通し。消費税増税対応やOSのサポート終了対応、働き方改革に伴う業務効率化対応などが後押しした。ガートナーは、前年の反動から2020年の成長率は0.9%増に減速すると見るが、2018年から2023年までは年平均1.9%増で推移すると予測する。その結果、2023年の支出額は29兆3155億円に達する見込みだ。

画像 2019〜2023年の日本の業種別IT支出予測(単位は「億円」、出典:ガートナー

金融や通信業界が伸び、政府官公庁、自治体が伸び悩み

 業種別に見ると、2018〜2023年の年平均成長率が最も高いのは金融で2.4ポイント増。2023年の支出額は約6兆7000億円と予測する。次点は運輸業と、通信/放送/サービスの2業種で、年平均成長率はいずれも2.2ポイント増。2023年の支出額はそれぞれ、1兆2261億円と、5兆4422億円の見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。