ニュース
» 2019年11月11日 08時00分 公開

マネージドセキュリティサービスに注目:2019年の世界セキュリティ関連支出額は10.7ポイント増の1066億ドル IDCが予測

IDC Japanが発表した世界のセキュリティ関連支出額に関する予測によると、2019年の全世界支出額は、対前年比10.7ポイント増の1066億ドル。2019〜2023年までの年間平均成長率は9.4%で、2023年の支出額は1512億ドルの見込み。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年11月7日、世界のセキュリティ関連ハードウェア、ソフトウェア、サービスの支出額に関する予測を発表した。それによると、2019年の全世界支出額は、対前年比10.7%増の1066億ドルの見込み。2019〜2023年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は9.4%、2023年の支出額は1512億ドルと予測する。

 2019年のセキュリティ支出額で、最も大きな割合を占める分野はサービスで、金額は470億ドル以上の見通し。サービス分野は著しい成長も見込まれ、5年間のCAGRは11.2%と予測する。

 2019年の支出額が2番目に大きい分野はソフトウェアで、金額は約380億ドルの見込み。3番目のハードウェア分野の支出額は210億ドル以上と予測する。大部分がネットワークセキュリティ製品の見通しだ。

画像

業種別では銀行、製造業。技術ではマネージドセキュリティの支出が多い

 次に、業種別に見ると、2019〜2023年でセキュリティ関連ソリューションに対する支出額が多い順に、銀行、組立製造業、連邦/中央政府の順と予測する。これら3業種で、全世界のセキュリティ総支出額の約30%を占める見込みだ。これら3つの業種ではいずれも、マネージドセキュリティサービスとインテグレーションサービスで、支出額の35%以上を占める見通しだ。成長率を業種別に見ると、高い順に、州/地方政府(CAGRは12.5%)、通信(同11.9%)、資源産業(同11.0%)と予測する。

 一方、技術カテゴリー別に見ると、2019年の支出額が大きい順に、マネージドセキュリティサービス、ネットワークセキュリティハードウェア、インテグレーションサービス、エンドポイントセキュリティソフトウェアの順と予測する。

 マネージドセキュリティサービスは、24時間体制の監視とセキュリティオペレーションセンターの管理が210億ドル以上を占める見込み。ネットワークセキュリティハードウェアは、ユニファイド脅威管理やファイアウォール、侵入検知/防止技術を含む。

マネージドセキュリティサービスが急成長

 成長率を技術カテゴリー別に見ると、最も高いのはマネージドセキュリティサービスで、CAGRは13.9%の見込み。次いで、セキュリティアナリティクス、インテリジェンス、レスポンス/オーケストレーションソフトウェア(CAGRは10.5%)、コンサルティングサービス(同9.3%)と予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。