連載
» 2019年11月11日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(93):Azure仮想マシンの新規作成や管理、新サービス「Azure Arc」にも対応した「Windows Admin Center 1910」がリリース

2019年11月4日(米国時間)、HTML5ベースのサーバ管理アプリの最新バージョン「Windows Admin Center 1910」が正式リリースされました。新バージョンでは、Azure仮想マシンの直接的な管理やハイブリッド構成が大幅に強化されています。

[山市良,テクニカルライター]
「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows Admin Center 1910がGAリリースに

 Microsoftは米国フロリダ州オーランドで開催したカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」で、HTML5ベースのサーバ管理アプリの最新バージョン「Windows Admin Center 1910」のリリースを発表しました。

 Windows Admin Center 1910は、半期に一度のGA(Generally Available:一般提供)リリース版であり、旧バージョン(1904.x)は新しいGAリリースの30日後にサポートされなくなります。そのため、旧バージョンを利用中の場合は、30日以内にWindows Admin Center 1910にアップグレードする必要があります。

 Windows Admin Centerは「Windows 10」や「Windows Server」(Windows Serverはゲートウェイとして)にインストールしてサーバをリモート管理する、Webブラウザから利用可能なHTML5ベースの管理アプリです。

 Windows Serverの標準的な管理ツールと同等の管理機能を利用できる他、PowerShell Remotingやリモートデスクトップ接続によるシェルやコンソールへのリモートアクセスも、Webブラウザから利用できます。「Microsoft Azure」のサービスとの連携やハイブリッド環境の管理に対応していることも特徴です。

 Windows Admin Center 1910では、ユーザーからのフィードバックに基づき、多くの機能改善や機能追加が行われています。

 コア機能としては、管理用接続をWinRM over HTTPS(TCPポート5986)のみに限定する機能、Azureアカウントの切り替え機能、インターネットアクセスレベルの設定(フルインターネットアクセス、Azureのみ、インターネットアクセスなし)、標準ツールとしてのパフォーマンスモニター(プレビュー)の搭載、パケットモニタリングツールの搭載(現状、Windows Server SACバージョンのみサポート)、その他の標準ツールの機能改善が行われています(画面1画面2)。

画面1 画面1 Windows Admin Center 1910のバージョン情報
画面2 画面2 「パフォーマンスモニター」と同等の機能を提供する「Performance Monitor(プレビュー)」

管理対象としてAzure仮想マシン(Windows)に対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。