連載
» 2019年11月14日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Excel】書式設定を使って時刻を「午前/午後」表示にしたり、数値を漢数字で表示したりする

Excelで時刻を「午前/午後」表示にしたり、数字を漢数字にしたりする方法を紹介する。ご祝儀や領収書などで使われる「大字」表示にすることで、突き合わせの際の間違いを減らすことも可能だ。

[塩田紳二,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Excel 2013/2016/2019


Excelでロケールを設定して数字を「大字」表示にする Excelでロケールを設定して数字を「大字」表示にする

Excelでロケールを設定するメリット

 慶事や弔事の際のご祝儀や香典などを「Excel」で集計するといったことがあるのではないだろうか。この際、ご祝儀や香典などは「壱阡弐拾四」といった「大字(だいじ)」と呼ばれる数字で書かれることが多い。そのため、入力の際に誤ったり、突き合わせをする際に間違ったりしがちだ。字は、請求書などに利用する慣習があるため、この形式で表示できれば、Excelからの請求書発行などにも利用できる。

 このような場合、Excelの書式設定に「ロケール」指定を加えるとよい。ロケールを設定することで、数値や時刻の表示を各国の言語に合わせて表示できるようになる。日本のロケールを指定した場合、数字を「壱阡弐拾四」のような大字や「千二十四」のような漢数字で表示することができるようになる。また、時刻表示でも「午後3時」のようにAM/PMを日本語で表示できるようになる。

 ただし、この機能は、Excel 2016以降とそれより前(Excel 2013以前)で若干表記方法が違う。本稿では、先にExcel 2016以降で有効な表記で解説し、あとでExcel 2013以前で指定する方法を解説する。

ロケール指定を行う方法

 Excelでロケールを指定するには、設定したいセルを選択して、右クリックの[セルの書式設定]を選択し、[表示形式]タブの[分類]で「ユーザー定義」を選択することで行う。

 先に、[分類]リストから使いたい書式を選択して、その後[分類]リストで「ユーザー定義」を選択すると、先ほどまで選択していた書式文字列が「種類」テキスト欄に表示されるので、書式指定の前に日本語のロケールを指定するのであれば「[$-ja-JP]」付け加えればよい。

 例えば、時刻の表示を「AM/PM」から「午前/午後」に変更するには、[分類]リストで「時刻」を選択して、[種類]で「1:30 PM」となっている書式を選択した後、「ユーザー定義」を選択して[種類]の「[$-en-US]h:mm AM/PM;@」(米国英語のロケール指定が含まれている)の「[$-en-US]」部分を「[$-ja-JP]」に書き換えればよい(Excel 2013以前では「ja-JP」の代わりに「411」という数値を指定する。詳しくは後述)。これで、セルは「1:45 午後」のように表示されるようになる。「午前/午後」を時刻の前に表示するようにするには、「[$-ja-JP]AM/PM h:mm;@」とすればよい。

ロケール指定を行う(1) ロケール指定を行う(1)
書式設定を行いたいセルを選択して、右クリックメニューから[セルの書式設定]を選択する。
ロケール指定を行う(2) ロケール指定を行う(2)
[セルの書式設定]ダイアログが開くので、[表示形式]タブの[分類]リストで利用したいものに近いパターンを選択する。
ロケール指定を行う(3) ロケール指定を行う(3)
[分類]リストで「ユーザー定義」を選択すると、選択した書式の文字列が表示される。標準では米国英語の「en-US」が指定されているので、これを「ja-JP」に書き換え、適切な書式(例えば、「AM/PM」を前にする)などして、セルに適用すると日本語で「午前/午後」が表示される。Excel 2013以前の場合は、「ja-JP」の代わりに「411」という数値を指定する(詳細は後述)。
ロケール指定を行う(4) ロケール指定を行う(4)
時刻が日本語表示に変わる。

ロケール指定とは?

 [セルの書式設定]の「ユーザー定義」に追記する「[$-en-US]」「[$-ja-JP]」の「en-US」「ja-JP」はロケールと呼ばれ、コンピュータで言語と地域を指定するための表記方法だ。ロケールは、ISOで定めた言語コードと国コードをハイフンでつなげて表現する。

 言語だけを指定しないのは、国によっては複数の言語が使われている場合があること、同じ言語であっても国によって慣習が違う場合があるからだ。例えば、英語(en)には、米国式英語(en-US)と英国式英語(en-GB)などがある。ただ、日本語の場合、日本以外では使われていないので、ロケールとしては「ja-JP」のみだ。

 具体的に見てみることにしよう。下表は、書式指定文字列をロケール指定なし/ありで適用させたものだ。Excelでは、原則、ロケール指定がない場合、「英語-米国」(en-US)が指定されたことになっている。このため、午前/午後を表す「AM/PM」や曜日を表す「dddd」は、米国式英語の表記に変換される。この書式の前に「[$-ja-JP]」を付けると、書式指定はそのままで、日本語用に切り替わり、「AM/PM」は「午前」または「午後」に、「dddd」は「月曜日」などと表示されるようになる。

表示 セルの値 ロケール指定なし書式 指定なし書式のセル表示 ロケール指定付き書式 指定付き書式のセル表示
午前午後 13:45 AM/PM h:m PM 1:45 [$-ja-JP]AM/PM h:m 午後 1:45
曜日 1月21日 MM/dd(dddd) 01/21(Monday) [$-ja-JP]MM/dd(dddd) 01/21(月曜日)
曜日(従来の方法) 1月21日 MM/dd(aaaa) 01/21(月曜日) [$-en-US]MM/dd(aaaa) 01/21(月曜日)
ロケール指定なし/ありによる書式指定文字列

 なお、Excelの日本語版には、「aaaa」という表記もある。これは、1990年台に日本語版が発売された頃に追加された機能で、当時はロケールの概念がExcelにはなかったため、書式指定文字を拡張していた。

 しかし、この方法で各国に対応するには書式指定文字が足りなくなってしまう。このため、現在では、各国の各言語に対応するためにロケールを指定する方法が使われるようになった。

 ロケール指定を使うメリットは、複数の言語での表記を個別にセルに指定できるため、多国語対応が容易になる点だ。Excelは中国語版だからといって、表記が自動的に中国語になるわけではなく、「dddd」と指定すれば、どの言語のExcelも「Monday」と英語でしか表示されない。しかし、ロケール指定を付けることで「dddd」は、中国語の「星期一」(月曜日のこと)やドイツ語の「Montag」などと表示できるようになる。閲覧される地域、言語に合わせて表記を行う日付表示のセルを追加することで各国語での表記が可能になる。

ロケール セル値 1月21日
書式パターン MMMM/dd(dddd)
英語 [$-en-US] January/21(Monday)
日本語 [$-ja-JP] 1月/21(月曜日)
中国語(台湾) [$-zh-TW] 一月/21(星期一)
ドイツ語 [$-de-DE] Januar/21(Montag)
各国のロケールに設定した場合の表示

Excel 2016以降で数値を漢数字や大字で表示する

 日本語式の表示は、午前/午後だけでなく、数値の表示にも利用できる。日本語の場合、ロケール指定を使うことで、数値を漢数字、大字、全角数字で表示できるようになる。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。