ニュース
» 2019年11月15日 18時30分 公開

ソフト企業が7割弱を占める:北米で最も成長著しい企業は? Deloitteが発表

Deloitteは、北米の急成長企業について年間ランキングを発表した。成長が著しいのはソフトウェアだった。ランク入りした500社のうち非上場企業をみると、その48%は、自社をSaaS企業またはエンタープライズソフトウェア企業と認識しており、12%はFinTech企業と認識していた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 国際会計事務所のDeloitteは2019年11月7日(米国時間)、テクノロジーやメディア、通信、ライフサイエンス、エネルギー技術業界における北米を対象とした急成長企業の年間ランキング「North America Technology Fast 500」(北米テクノロジーFast 500)の2019年版を発表した。

 北米テクノロジーFast 500は、過去3会計年度の売上高成長率で見た上位500社のランキング。今回は2015〜2018年度の売上高成長率に基づいている。

1位の企業は「1人1台のロボット」を掲げる

 2019年版ランキングのトップ10のうち8社がソフトウェア企業だった。2019年版北米テクノロジーFast 500で1位となったのもソフトウェア企業UiPath。

 同社の創業は2005年。「誰もが1人1台、ソフトロボットを使えるようにする」というビジョンを掲げており、RPA(Robotic Process Automation)によって人々が面倒で反復の多い仕事から解放され、満足のいく価値の高い仕事に集中できるようにすることを目指している。これまでに世界の企業を対象に数百万に上るルールベースの反復的タスクを自動化してきた。

2019年版北米テクノロジーFast 500の上位10社(出典:Deloitte

 2019年版ランキングに入った500社の2015〜2018年度の売上高成長率は、1位のUiPathが37458%(約374倍)、500位の企業が166%で、中央値は439%だった。

 500社の内訳をみると、非上場企業の割合が前年版から7ポイント上昇し、76%となっている。上場企業の割合は24%だ。

シリコンバレーとニューヨーク、どちらに集まっている?

 2019年版北米テクノロジーFast 500にランク入りした500社の本社所在地は、北米の41州にわたる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。