連載
» 2019年11月19日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(94):Windows Server, version 1909が正式リリース――「プロセス分離モード」の制限が緩和

2019年11月13日(日本時間)、Windows 10の最新バージョン「Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)」が正式リリースされた同日に「Windows Server, version 1909」も正式にリリースされました(Visual Studioサブスクリプションなどでは10月に提供開始)。Azure Marketplaceでも間もなく利用可能になるはずです。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Windows Server SACはクラウドアプリ向けのプラットフォーム

 「Windows Server, version 1909」は、Windows Serverの「半期チャネル」(Semi-Annual Channel、SAC)の最新バージョンです。リリース時点ではAzure Marketplaceにはまだ登場していませんが、今後「Windows Server, version 1909 with Containers」という名称でWindowsコンテナ用のコンテナホストとして、役割や機能、Docker Enterpriseが定義済みの仮想マシンイメージが利用可能になるでしょう(画面1)。

画面1 画面1 2019年11月13日現在、Azure MarketplaceにはWindows Server, version 1909イメージはまだ登場していない

 Windows Serverには「Windows Server 2012/2012 R2」「Windows Server 2016」「Windows Server 2019」といった、10年間のサポートが提供される「長期サービスチャネル」(Long-Term Servicing Channel、LTSC)のリリースとは別に、2017年秋からはWindows Server SACのリリースが追加され、年に2回、新バージョンが提供されています。

 Windows Serverの半期チャネル(Windows Server SAC)は、オンプレミスでの利用の場合、ソフトウェアアシュアランス(SA)を通じて提供されます。Microsoft Azureの場合は、LTSC、SACのどちらもOSのライセンスがWindows仮想マシンのコンピューティング料金に含まれています。また、SAのAzureハイブリッド特典を利用して、オンプレミスのOSライセンスをAzure上の仮想マシンに持ち込み、安価なコンピューティング料金(Linux仮想マシンと同等)で利用することも可能です。

 Windows Server SACは、開発/リリースサイクルの短いクラウドアプリのプラットフォームとしての使用が想定されており、デスクトップエクスペリエンスを含まない「Server Core」と、Windowsコンテナ用の「Nano Server」イメージとして提供されます。

 デスクトップエクスペリエンスに依存しない多くの役割や機能に対応していますが、IIS(インターネットインフォメーションサービス)やASP.NETで動くアプリの展開と実行、あるいはWindowsコンテナとして開発したアプリの展開と実行が想定されている主な使用方法です(Nano Serverは.NET CoreおよびASP.NET Coreのみ)。

 また、サービス期間はリリース後18カ月と短いことも特徴です。最初のバージョンであるWindows Server, version 1709のサポートは、2019年4月9日(米国時間)に終了しました。次のWindows Server, version 1803も、2019年11月12日(米国時間)にサポートが終了しました。

 Windows Server, version 1909のベースOSイメージ(10.0.18363.x)については、正式リリースと同時に利用可能になっています(画面2)。

画面2 画面2 Windows Server, version 1909のベースOSイメージはリリースと同時に利用可能に。イメージの取得と実行にはWindows Server, version 1909のDocker EnterpriseコンテナホストまたはWindows 10 バージョン1909のDocker Desktopが必要

 なお、これらのイメージの取得とコンテナの実行には、Windows Server, version 1909で構築したDocker Enterpriseコンテナホスト、または「Windows 10 バージョン1909」上のDocker Desktopが必要です。下位のバージョン(ビルド)のWindows上のDockerは、上位のバージョンのWindowsコンテナをサポートしないという制限があるからです。

小規模ながら重要な新機能――プロセス分離モードの制限緩和

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。