ニュース
» 2019年11月19日 08時00分 公開

FPGAにもAIを実装可能に:深層学習モデルのサイズを30分の1に NEDOとアラヤが自動圧縮ツールを開発

NEDOとアラヤは、深層学習用ニューラルネットワークモデルを自動で最大約30分の1に圧縮し、FPGAに実装可能なソースコードを出力するツールを開発した。自動車やスマートフォンといったエッジデバイスにもAIを実装できるようになる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2019年11月18日、AI(人工知能)の深層学習用ニューラルネットワークモデルを自動で圧縮し、プログラム可能な半導体「FPGA」(Field Programmable Gate Array)に実装可能なソースコードを出力するツールをアラヤと共同で開発したと発表した。アラヤは同ツールを「Pressai(プレッサイ)」の名称で2020年3月に提供開始する予定だ。

 NEDOとアラヤが開発したツールは、ニューラルネットワークモデルの精度をほぼ維持したまま、モデルのサイズを最大約30分の1に圧縮する。こうすることで自動車やスマートフォンといったエッジデバイスにもAIを実装できるようになる。アラヤの深層学習モデル圧縮技術を基に開発した。

画像 エッジデバイスへのAI搭載プロセス

「深層強化学習」の圧縮も取り組む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。