ニュース
» 2019年11月20日 08時00分 公開

企業のクラウド導入動向調査:73%がパブリッククラウドからオンプレミスに回帰 Nutanix調査

Nutanixが発表した企業のクラウド導入動向に関する調査「Nutanix Enterprise Cloud Index 2019」によると、一部のアプリケーションをパブリッククラウドから再度オンプレミスに移行させていた回答者が73%に上った。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Nutanixは2019年11月18日、企業のクラウド導入動向に関する調査「Nutanix Enterprise Cloud Index 2019」の結果を発表した。

 今回の調査では、パブリッククラウドからオンプレミスに回帰している傾向がみられた。回答者の73%が、一部のアプリケーションをパブリッククラウドから再度オンプレミスに移行させていた。しかも、5種類以上のアプリケーションをオンプレミスに再移行させたユーザーは22%に上った。

 この点についてNutanixでは、要件の変化に合わせてインフラストラクチャを調整可能なハイブリッドクラウドの柔軟性に対する企業のニーズが明確に示されているとしている。

「最もセキュアだと考えるIT運用モデル」は?

 セキュリティは、引き続き企業のクラウド戦略に影響を及ぼしていた。クラウドのセキュリティが今後のクラウド導入計画に大きな影響を占めていると回答した割合は60%。所定のワークロードの実行環境を決定する際に、データのセキュリティとコンプライアンスが最も重要な要因になると回答した割合は26%だった。

 一方、最もセキュアなIT運用モデルとしてハイブリッドクラウドを挙げた割合は28%で最も多かった。自社のセキュリティ要件に応じて適切なクラウドを選択できる点がその理由とみられる。フルプライベートクラウドとオンプレミスを選択した割合は21%、クラウド非対応のプライベートデータセンターを挙げた割合は13%で、これらを大きく上回った。

画像 最もセキュアなIT運用モデルは?(出典:Nutanix

4分の1がクラウド技術を活用していない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。