ニュース
» 2019年11月21日 08時00分 公開

国内情報保護/ガバナンス製品市場予測:eディスカバリーのニーズ高まる、背景には「DXの進展によるデータ量の急速な増大」 IDC

IDC Japanは、暗号化/鍵管理製品とDLP製品、eディスカバリーアプリケーションソフトウェア製品について、国内市場の2018年〜2023年の予測を発表した。暗号化/鍵管理市場の規模は2023年には160億円に拡大する見込み。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年11月19日、暗号化/鍵管理製品とDLP(Data Loss Prevention:情報漏えい対策)製品、eディスカバリー(電子情報開示)アプリケーションソフトウェア製品について、国内市場の2018年〜2023年の予測を発表した。

 国内暗号化/鍵管理市場は、大規模な情報漏えい事件によってデータ侵害への危機意識が高まり、データ侵害に対するガバナンス強化への対策需要として市場が拡大した。同市場の2018〜2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.3%の見込みで、市場規模は2018年の136億円から、2023年には160億円に拡大すると予測する。

 国内DLP市場は、内部不正に対するガバナンス強化やコンプライアンス対応としてオンプレミス製品を中心に導入が進んできた。だが、導入や運用負荷の高さが需要拡大を阻害しており、オンプレミス製品市場は伸び悩んでいる。同市場の2018年の規模は56億6600万円。2023年まではほぼ横ばいで推移するとみており、2023年の市場規模は56億7200万円と予測する。

画像 国内情報保護管理/ガバナンス市場 製品セグメント別売上額の2016年〜2023年予測(出典:IDC Japan

 今後は、デジタルトランスフォーメーション(DX)が進展することで、クラウド上でのデータ活用が拡大する見込み。それに伴い、データに対する暗号化と鍵管理、情報漏えい対策が必要になる。また、機密性の高いワークロードをクラウドで稼働させる場合は、鍵管理が必要になる。こうした背景によってIDCでは、クラウドネイティブな暗号化と鍵管理、クラウド型DLPソリューションへの需要が拡大すると予測する。

ガバナンス推進で注目を集めるeディスカバリー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。